○大阪府民生委員法施行細則

昭和二十三年十二月二十四日

大阪府規則第七十八号

〔民生委員法施行細則〕を次の通り定める。

大阪府民生委員法施行細則

(平一二規則三五・改称)

(趣旨)

第一条 この規則は、民生委員法施行令(昭和二十三年政令第二百二十六号)に定めるもののほか、民生委員法(昭和二十三年法律第百九十八号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(平一二規則三五・全改)

(地区民生委員協議会)

第二条 民生委員は、民生委員法第二十条第一項に規定する民生委員協議会(以下「市町村民生委員協議会」という。)を組織する区域を数区域に分け、各区域ごとに、地区民生委員協議会を組織することができる。

(昭六一規則一・旧第四条繰上、平一二規則三五・旧第三条繰上・一部改正)

(地区委員長)

第三条 前条の地区民生委員協議会に、地区委員長を置き、当該地区民生委員協議会を組織する民生委員の互選によってこれを定める。

2 前項の地区委員長の任期及び職務は、民生委員法第二十五条第一項の会長(以下「会長」という。)の例による。

(平一二規則三五・追加、平一二規則二四九・一部改正)

(地区民生委員協議会の運営)

第四条 第二条の地区民生委員協議会の運営は、市町村民生委員協議会の例による。

(平一二規則三五・全改)

(大阪府民生委員協議会会長連絡会)

第五条 会長は、大阪府民生委員協議会会長連絡会を組織する。

2 前項の大阪府民生委員協議会会長連絡会の会議は、原則として、毎月一回開催する。

(平一二規則二四九・全改)

(副会長)

第六条 市町村民生委員協議会に、会長の職務を補佐させるため、副会長(以下「副会長」という。)を置く。

2 副会長の任期は、一年とする。

3 副会長は、会長に事故があるときは、その職務を代理する。この場合において、副会長が二人以上あるときは、あらかじめ市町村民生委員協議会の指定する副会長が、その職務を代理する。

(平一二規則三五・追加、平一二規則二四九・一部改正)

(議事録)

第七条 市町村民生委員協議会は、議事録を備え、民生委員の出欠その他議事の概要を記録しなければならない。

(昭三五規則四八・旧第十三条繰下、昭六一規則一・旧第十四条繰上、平一二規則三五・旧第十三条繰上・一部改正)

附 則

この規則は、公布の日からこれを施行する。

昭和二十一年/十/月/大阪府令第百四号、民生委員令施行細則、昭和二十二年/一/月/大阪府訓令第三号、大阪府民生委員諸会合規程、昭和二十一年/十/月/大阪府告示第五百三十号、大阪府民生委員銓衡委員会規程は、これを廃止する。

附 則(昭和三五年規則第四八号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和三五年規則第六三号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和六一年規則第一号)

(施行期日)

1 この規則は、昭和六十一年一月十二日から施行する。

附 則(平成一二年規則第三五号)

この規則は、平成十二年四月一日から施行する。

附 則(平成一二年規則第二四九号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

大阪府民生委員法施行細則

昭和23年12月24日 規則第78号

(平成12年9月8日施行)

体系情報
第5編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
昭和23年12月24日 規則第78号
昭和35年7月23日 規則第48号
昭和35年10月5日 規則第63号
昭和61年1月10日 規則第1号
平成12年3月31日 規則第35号
平成12年9月8日 規則第249号