平成26年度 公益通報の状況

更新日:平成27年11月24日

1.府職員等からの通報

平成26年度の通報件数について(平成27年11月6日現在)

 

 

内容

法務課

コンプライアンス委員(弁護士)

合計

通報件数

10

15

1のうち、受理した件数

10

2のうち、調査に着手した件数

10

3のうち、是正措置を講じた件数

3のうち、是正措置等が必要なかった件数

1のうち、受理しなかった件数

6のうち、府の事務事業に関することでなかった件数

6のうち、法令違反等に関することでなかった件数

3のうち、調査中の件数

平成26年度に受理した通報の概要について(平成27年11月6日現在)

 

通報内容

調査結果等

 府立高校の修学旅行で、教員が民宿からお酒の接待を受けたことについて 教員が民宿から提供を受け飲酒した事実が確認されたので、服務上の措置を行った。

 府立学校卒業式における職務命令違反等について 職務命令違反等の事実は確認されなかった。

 職員の私用メールについて 情報セキュリティの観点から脅威を与えるような処理は認められなかった。また、処理に要した時間は短期間であったものの、勤務時間中の送信が確認されたため、職務専念義務の観点から指導を行った。

 職員の暴言について 同僚職員への暴言の事実が確認されたので、所属長から厳重に注意を行った。

 府立高校教員の不正な出張について 不正な出張の事実は確認されなかった。

 出先事務所職員が、不正な単車通勤をしていることについて 単車通勤の事実が確認されたので、通勤手当を返還させるとともに、懲戒処分を行った。

 勤務時間中に職場を離脱して、私的な買い物を行っていたこと等について 勤務時間中の私的な買い物の事実が確認されたので、厳重注意を行うとともに職場離脱時間に応じた給料等を返還させた。

 業務委託契約が随意契約の要件を満たしていないこと等について 随意契約の要件を満たしており、地方自治法に違反する事実は確認されなかった。

 委託契約の内容が履行されていないことを黙認していた。また、関係者に公表される前の予算規模などの情報を漏らすなど官製談合の疑いがあることについて 契約不履行を黙認していた事実はなかった。また、関係者に予算規模に関する話などを行った事実はなかった。

10

 府立高校教員が勤務時間中に喫煙や携帯ゲームを行っていること等について 勤務時間中に喫煙や携帯ゲームを行っていること等の事実は確認されなかった。

 

2.府民の方等からの通報

平成26年度の通報件数について(平成27年11月6日現在)

 

内容

コンプライアンス委員(弁護士)

通報件数

20

1のうち、受理した件数

2のうち、調査に着手した件数

3のうち、違法な事実が確認された件数

3のうち、違法な事実が確認されなかった件数

1のうち、受理しなかった件数

15

6のうち、府の事務事業に関することでなかった件数

6のうち、法令違反等に関することでなかった件数

10

3のうち、調査中の件数

平成26年度に受理した通報の概要について(平成27年11月6日現在)

通報内容

調査結果等

 教員が通勤手当等を不正受給していることについて

 通勤手当等の不正受給の事実は確認されなかった。

 業者の違反行為を指導しない職員の違法な事務処理について

 事務処理は適切に行われていた。

 指定管理者の職員による、個人情報を配慮せずに発言したことについて

 個人情報を発言した事実は確認されなかった。

 財産があるにもかかわらず、生活保護支給対象とし、そのことについて財産の共有者に相談がなかったことについて

 生活保護の相手方が財産を有していても、急迫な場合等、その状況において必要と認められる保護を行うことは可能であり、また、生活保護の決定にあたり、財産の共有者に相談する義務もないことから、本件に違法な点はない。

 府立高校教員が毎日自動車通勤していることについて

 自動車による通勤の認定を受けており、違法な事実は確認されなかった。

 

3.民間企業の従業員等からの通報

平成26年度の通報件数について(平成27年11月6日現在)

 

内容

法務課

通報件数

1のうち、受理した件数

2のうち、調査に着手した件数

3のうち、違法な事実が確認された件数

3のうち、違法な事実が確認されなかった件数

1のうち、受理しなかった件数

6のうち、府が通報先となるものではなかった件数

6のうち、7以外の理由で通報要件を満たさなかった件数

3のうち、調査中の件数

このページの作成所属
総務部 法務課 訟務・コンプライアンス推進グループ

ここまで本文です。