家畜保健衛生業績発表会

更新日:平成29年3月7日

大阪府家畜保健衛生業績発表会

  この発表会は、家畜保健衛生所の運営並びに家畜の保健衛生に関連した事業、調査、試験研究などの業績について、発表討議を行い、畜産の現状に即した家畜衛生事業等の改善向上に資することを目的として、年1回開催しています。 

第58回大阪府家畜保健衛生業績発表会(平成29年1月20日)

1.府内酪農家における牛白血病の抗体動向

○2.府内における高病原性鳥インフルエンザの防疫体制の強化

◎3.府内養鶏農家におけるサルモネラ分離状況と対策

4.府内養鶏農家におけるワクモの浸潤状況と対策

5.牛ウイルス性下痢ウイルスによる死産事例

○6.一養豚農場における肺炎の病理学的分類

7.大阪地卵における脂肪酸濃度の測定方法の検討

第57回大阪府家畜保健衛生業績発表会(平成28年1月15日)

1.腸管出血性大腸菌サーベランスによる畜産物の安全・安心の取組み

○2.ナレッジマネジメントによる家畜防疫業務の効率化

○3.Mycoplasma bovis が関与した子牛の中耳炎とその衛生対策

4.過去10年間の牛異常産の発生要因

◎5.乳房炎検査におけるリアルタイムPCRの応用

6.無血清培地で維持可能な牛由来培養細胞(Mdbk-Nst)のウイルス感受性と抗体検査への応用

7.鶏卵の遊離アミノ酸の抽出方法の検討

第56回大阪府家畜保健衛生業績発表会(平成27年1月16日)

1.高病原性鳥インフルエンザ防疫体制の強化

2.府内養鶏場のワクモの発生状況と対策の問題点(第一報)

3.府内養鶏場における卵黄中の遊離アミノ酸量測定

4.豚増殖性腸炎の発生と疫学調査

○5.豚皮膚炎腎症症候群(Pdns)の一症例

○6.牛白血病ウイルス感染による生産性への影響と予防対策

7.乳房炎検査におけるリアルタイムPCRの応用

◎8.府内酪農家のアカバネウイルス抗体調査と牛舎環境の考察  

第55回大阪府家畜保健衛生業績発表会(平成26年1月16日)

○1.搾乳衛生管理指導による乳質改善に向けた取組み

2.高病原性鳥インフルエンザ発生時における死体焼却処理の検討について

3.府内一養鶏農家のサルモネラ対策と清浄化への取組み

○4.ヨーネ病府内2例目の発生と疫学的検討

5.新生仔牛で認められたEnterobacter cloacae感染症

◎6.豚サーコウイルス感染症の発生と防疫対策

7.豚サーコウイルス感染症におけるウイルス遺伝子量と発生状況に関する一考察

8.マレック病発症鶏における病理学的検索

9.生化学検査におけるデータ処理システムの構築

第54回大阪府家畜保健衛生業績発表会(平成25年1月18日)

1.定期報告書の提出及び飼養衛生管理基準の遵守指導                               

◎2.高病原性鳥インフルエンザ農場別防疫対応マニュアルの作成

3.一養豚場における臭気対策

○4.府内のアカバネ病抗体保有状況の推移と発生予防の検討

5.牛白血病ウイルスリアルタイムPCR検査法の検討

○6.豚テシオウイルスの関与を疑うグレーサー病の発生について

7.大阪府で分離されたStreptococcus suisの疾病リスクの識別と性状

8.飼料添加物残留検査法の検討

第53回大阪府家畜保健衛生業績発表会(平成24年1月18日)

○1.ヨーネ病の発生及び清浄化への取り組み

◎2.府内牛白血病の抗体保有状況と対策

3.牛白血病の検査法の比較検討

○4.豚のと畜場廃棄材料を用いた病理学的検索―豚回虫症について

5.採卵鶏農場に発生した大腸菌症

6.スクリーニングキットを用いたサルモネラ検査法の検討

7.軍鶏に見られたサルファ剤中毒を疑う症例について

第52回大阪府家畜保健衛生業績発表会(平成23年1月21日)

1.宮崎県における口蹄疫発生を受けての大阪府の防疫対応

○2.府内酪農家の搾乳衛生実態と改善指導の取組

○3.大阪府の高病原性鳥インフルエンザ防疫対策について

4.孵化場における衛生管理体制の構築

5.鶏伝染性気管支炎ウイルスの制限酵素断片長多型(Rflp)による型別の試み              

6.大阪府における家畜からのサルモネラ分離状況と分子疫学的考察

◎7.鶏コクシジウム症感染鶏の血清を用いた免疫組織化学的検討

8.超高速液体クロマトグラフィーを用いた飼料添加物残留検査法の検討   

  (○は近畿ブロック発表演題、◎は全国発表演題)

このページの作成所属
環境農林水産部 家畜保健衛生所 総務企画課

ここまで本文です。