家畜の監視伝染病

更新日:平成25年4月12日

家畜の監視伝染病とは

 家畜伝染病予防法は、家畜伝染病と届出伝染病を定義し「監視伝染病」として、その病気の発生を予防し、まん延を防止することにより、畜産の振興を図ることを目的としています。
 家畜の監視伝染病の詳細については、下記の「独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所」のHPをご参照下さい。
家畜の監視伝染病(動物衛生研究所)(外部サイトを別ウインドウで開きます)

 ピックアップ

 口蹄疫に関しては→口蹄疫情報(別ウインドウで開きます)

 高病原性鳥インフルエンザに関しては→高病原性鳥インフルエンザ情報(別ウインドウで開きます)

 牛海綿状脳症に関しては→牛海綿状脳症(BSE)情報(別ウインドウで開きます)

このページの作成所属
環境農林水産部 家畜保健衛生所 感染症対策課

ここまで本文です。