報道発表資料検索


「彩都バイオイノベーションセンター」に新たなバイオベンチャー企業が入居!

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室ライフサイエンス産業課  推進グループ
ダイヤルイン番号:06‐6115‐8100
メールアドレス:life-science@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年12月17日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、彩都へのバイオベンチャー企業の集積を図るため、関係機関とともにインキュベーション施設に入居する企業の支援を行っています。このたび、その1つ「彩都バイオイノベーションセンター」に新たなバイオベンチャーが入居しましたのでお知らせします。

  今回入居した日本バリデーション・テクノロジーズ株式会社は、当施設のラボ機能を活用して、これまでの物性(※1)評価研究に加え、新たにバイオ製品の開発等を行います。

   
 また、同社が、塩野義製薬株式会社と共同開発をしてきた溶出試験用新規アクセサリ(ツール)「IVIVC Enhancer」は、消化管内の環境に近い試験条件下で、より正確な薬剤の溶出データ取得が可能となると考えられ、薬物の吸収性に対する予測精度の向上、ならびに経口製剤の研究・開発の時間とコストの削減が期待されています。



【入居日】 

※     令和2年12月1日


【入居企業の概要】

  ■会社名  日本バリデーション・テクノロジーズ株式会社

  ■代表取締役社長 田辺 熱

  ■入居室  彩都バイオイノベーションセンター 201号(大阪府茨木市彩都あさぎ7-7-20)

  ■資本金  40,000 千円

  ■設立   2002年12月10日

   ■主な事業
    ・溶出試験器とその関連機器のバリデーション(妥当性評価)・キャリブレーション(適格性評価)の技術サポート

 ・分析用各種の標準物質の輸入販売

 ・IVIVC(※2)評価における最先端機器の販売・技術サポート


   ※1 物性: 物理化学的性質。医薬品が消化管で吸収され薬効を発現させるために、創薬の探索段階で、経口吸収性に関わる溶解度、脂溶性や消化管内の安定性などの物性を評価し把握しておくことは、化合物を選出する上では極めて重要。

   ※2 IVIVC: In-vitro in- vivo correlation 生体外(in-vitro)と生体内(in-vivo)のプロファイル(定量データ)の相関性
 


 【彩都のバイオインキュベーション施設の概要】
 彩都には、「大学発ベンチャー」の起業、育成の先導的役割を果たす等を目的とした彩都バイオインキュベータをはじめ、3棟のバイオインキュベーション施設があり、現在31社のベンチャー企業が入居し、研究開発を進めています。

関連ホームページ

大阪府バイオインキュベーション施設の推進事業ホームページ

 

日本バリデーション・テクノロジーズ株式会社ホームページ

 

大阪バイオ・ヘッドクオーターホームページ

資料提供ID

40047

ここまで本文です。