報道発表資料検索


大阪コロナ重症センターの運用開始について

代表連絡先 健康医療部  保健医療室保健医療企画課  病院事業グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6198
メールアドレス:iryokikaku-g11@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年12月7日

提供時間

10時0分

内容

 大阪府では、新型コロナウイルス感染症の重症患者が急増した場合に備えて、大阪市住吉区の大阪急性期・総合医療センターの敷地内に臨時の医療施設(大阪コロナ重症センター)の整備を進めてきました。

 

 このたび11月30日に施設が完成し、12月15日から運用を開始することとしましたので、お知らせします。

 

【施設概要】

1.施設名  大阪コロナ重症センター

 

2.設置場所 大阪市住吉区万代東3丁目1−56

         (大阪急性期・総合医療センター敷地内)

 

3.病床数  重症病床30床

        すべての病床に人工呼吸器を配備

 

4.整備手法 リース契約により整備

         整備費用:23.5億円(建物:12.9億円、医療機器10.6億円)

         ※その他備品購入費等有

 

5.構造   軽量鉄骨造(プレハブ工法)

 

6.規模   集中治療ユニット棟     平屋建 1棟

        スタッフサポートユニット棟 2階建  1棟

        CT棟                 平屋建 1棟

        管理棟                平屋建 1棟

        設備ユニット棟          平屋建 1棟

        渡り廊下棟               平屋建 1棟

        救急車車寄せ棟          平屋建 1棟

            計 7棟 1,658平方メートル

 

7.設置期間 2年間(2020年11月30日から2022年11月29日)

 

8.運営手法 府が整備した施設を府立病院機構に転貸し

         大阪急性期・総合医療センターの一部として運営

 

9.運営体制 府内医療機関、関係機関等からの人員の派遣等による運営

添付資料

大阪コロナ重症センター(1期) (Wordファイル、379KB)

 

大阪コロナ重症センター(1期) (Pdfファイル、328KB)

資料提供ID

40015

ここまで本文です。