報道発表資料検索


モノレール建設事業における入札関連資料の漏えい等に関する調査結果について

代表連絡先 都市整備部  都市整備総務課  人事グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6775
メールアドレス:toseisomu-g25@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年11月13日

提供時間

14時0分

内容

 令和2年7月30日付けで報道発表しました「モノレール建設事業における入札関連資料の漏えいについて」に関する事案については、警察の捜査等を踏まえ、大阪府において、引き続き調査を行ってまいりました。この度、調査が終了しましたので、調査結果及び事案への対応について、以下のとおりお知らせします。
 このような事態を招いたことをお詫びいたしますとともに、再発防止に努めてまいります。

 

1.再調査により判明した事案の概要

[(2)・(3)・(4)が再調査の結果、新たに判明した事実]

(1)令和2年3月23日、職員Aが私的な飲み会において、モノレール支柱建設工事(桑才新町工区)に関する応札者に求める技術提案に関する設問及び採点基準等の記載された資料(以下、「入札関連資料」という。)を事業者Bの社員に渡した(守秘義務違反行為)。

(2)同年4月、事業者Bは職員Aに入札関係資料(支柱図面)の追加要求を行ったほか、提供を受けた入札関連資料を基に技術提案書案を作成し、その添削を要求するとともに、府の調査に対し、虚偽の説明を行っていた。

(3)職員Aは資料の追加要求に応じるとともに、技術提案書案を受け取っていた。

(4)前回の府の調査において、職員Aは飲み会の他の参加者と情報漏えい時の状況について口裏を合わせ、虚偽の説明を繰り返すとともに、追加要求等のことを隠していた。

(5)なお、事業者Bから職員Aに対し見返り(金銭の授受等利益供与)が提供された事実は確認できなかった。また、入札関連資料の漏えい範囲は事業者Bのみであった。

(6)同年9月24日、警察の捜査の結果、職員Aは地方公務員法(守秘義務)違反の容疑で書類送検され、同年10月8日付けで罰金50万円の略式命令を受けた。(罰金は納付済)

 

2.事案への対応


(1)職員Aの処分について

【処分日】令和2年11月13日


【被処分者】都市整備部 事業管理室 課長補佐級職員(技術)坂原 晴彦 60歳


【処分内容】 「懲戒免職」


【処分理由】
令和2年3月、八尾土木事務所モノレール建設課長であった際に入札関連資料を事業者に提供した。また同年4月、モノレール建設事務所建設課長であった際に技術提案書案を受け取るなどした。さらに、府の事情聴取の際に、虚偽説明を繰り返した。


【監督責任】 「戒告」3名(上記職員の当時の管理監督者)

   都市整備部 次長級職員(技術)55歳、課長級職員(技術)59歳、課長級職員(技術)56歳

 

(2)事業者Bへの対応について


【措置日】令和2年11月13日

【事業者名】株式会社鴻池組(業者番号:5706148)

       大阪市中央区北久宝寺町3丁6番1号

【措置内容】入札参加停止 


【措置期間】令和2年11月13日から令和3年11月12日まで(1年)


【措置理由】不正な方法で入手した情報を活用するなどにより、公平かつ円滑な入札事務の執行を妨げ、さらに、府の調査に対し、事実と異なる説明を行うなど、入札参加資格者として、ふさわしくない行為があった。


【適用条項】大阪府入札参加停止要綱 別表 第十四号

 

(3)再発防止策

 ・都市整備部内において、綱紀保持及び入札情報等の管理の徹底に係る通知を発出。

 



※モノレール建設事業及び入札契約に関すること

事業管理室 技術管理課 契約管理グループ

ダイヤルイン番号 06-6944-6038

メールアドレス toseijikan-g02@sbox.pref.osaka.lg.jp

 

※処分に関すること

人事課 考査・育成グループ

ダイヤルイン番号 06-6944-6077

メールアドレス jinji-g07@sbox.pref.osaka.lg.jp

 

※入札参加停止に関すること

契約局 総務委託物品課 資格審査グループ

ダイヤルイン番号 06-6944-6429

メールアドレス somuitaku@sbox.pref.osaka.lg.jp

 

資料提供ID

39798

ここまで本文です。