報道発表資料検索


スーパーコンピュータ・AIが拓く創薬の未来/タカラバイオの事業戦略

第3回産学官連携情報交流セミナーを開催します

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室ライフサイエンス産業課  推進グループ
ダイヤルイン番号:06−6115−8100
メールアドレス:life-science@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年11月4日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、ライフサイエンス分野における産学官の集積の強みを活かし、健康・医療関連産業のさらなる発展をめざしています。
 このたび、12月3日に令和2年度第3回産学官連携情報交流セミナーを下記のとおり開催しますのでお知らせします。
 セミナー前半は、スーパーコンピュータ「富岳」を武器とする新型コロナウイルスの治療薬の探索や産学・異業種連携で立ち上げた「ライフ・インテリジェンス・コンソーシアム(LINC)」で行ってきた世界最大規模の創薬AIの開発についての具体的な取り組みをご紹介します。
 後半は、タカラバイオ株式会社の事業戦略を新型コロナウイルス感染症関連事業への取り組みなどを交えながら紹介し、ウィズコロナ世界におけるバイオテクノロジーの重要性を共有したいと考えています。
 セミナー終了後に講師を交えたオンライン交流会も実施しますので、ライフサイエンス関連企業・団体の方は、ぜひご参加ください!


●日時:令和2年12月3日(木曜日)午後2時30分から午後5時30分まで
●場所:オンライン(Zoom)
●内容:スーパーコンピュータ・AIが拓く創薬の未来
      講師:京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 ビッグデータ医科学分野
          教授 奥野 恭史 氏
     タカラバイオの事業戦略 ―新型コロナウイルス関連事業などの取り組みについて
      講師:タカラバイオ株式会社
          代表取締役社長 仲尾 功一 氏
●対象:海外展開に関心のあるライフサイエンス関連企業・団体等
●定員:先着100人
●参加費:無料
●申込み方法:関連ホームページ「第3回産学官連携情報交流セミナー申込ページ」よりお申込みください。
●締め切り:令和2年12月1日(火曜日)午後5時
●主催:大阪府、PMKイニシアティブ
●問合せ先:NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議(担当:高田、飯田)
        電話:06-4963-2107 メールアドレス:shoudankai2020@kinkibio.com
        (大阪府事業受託機関)

関連ホームページ

第3回産学官連携情報交流セミナー申込ページ(NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議のページ)

 

第3回産学官連携情報交流セミナー

資料提供ID

39684

ここまで本文です。