報道発表資料検索


「新型コロナウイルス禍が女性に及ぼす影響について」緊急アンケート結果及び「女性のためのコロナ禍に関連する情報サイト」開設について

代表連絡先 府民文化部  男女参画・府民協働課  男女共同参画グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9321
メールアドレス:danjo-fumin@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年9月14日

提供時間

14時0分

内容

 新型コロナウイルス禍が女性に及ぼす影響について実態を把握し、今後の施策推進の参考にするため、「新型コロナウイルス禍が女性に及ぼす影響について」緊急アンケートを実施しました。このたび、調査結果を取りまとめましたので、お知らせします。
 また、アンケート結果を踏まえ、本日から、府や国が開設しているさまざまな相談窓口を、女性の視点でとりまとめた情報サイト「女性のためのコロナ禍に関連する情報サイト」を開設しますので、お知らせします。

【「新型コロナウイルス禍が女性に及ぼす影響について」緊急アンケート結果】
1 調査の概要
 
  調査期間       令和2年7月20日(月曜日)から8月4日(火曜日)まで
 調査方法       ウェブ調査及びアンケート用紙による調査
 調査対象        大阪府に在住・在勤・在学の者 
 調査の周知方法   大阪府及び大阪府立男女共同参画・青少年センターのSNS、ホームページ、
             メールマガジン、市町村・関係団体への周知依頼 等 
 調査項目      ・働き方、収入の変化
                           ・コロナ禍前、緊急事態宣言中、現在の生活や行動、心身の変化
              ・今、困っていること
                           ・女性に必要な支援  等 
 回答者数      1,099人(ウェブ:1,080人、アンケート用紙:19人)                        

2 主な調査結果
※アンケートの選択肢中、「勤め人(正規社員・職員)」は「正社員」、「勤め人(臨時・パート・アルバイト等非正規社員・職員)」は「非正規」、「自営業主または家族従業員」は「自営業」と表記しています。

働き方の変化
 〇「在宅勤務(テレワーク)が増えた」は約3割 
 コロナ禍前と現在における働き方の変化については、「特に変化はない」が38.6%、「在宅勤務(テレワーク)が増えた」が29.0%、「就業日数が減った」が17.9%だった。職業別に見ると、「在宅勤務(テレワーク)が増えた」と回答した正社員は37.2%である一方、非正規では13.5%であった。

収入の変化
 〇自営業の6割以上、非正規の約4割が「収入が減った」と回答
 
 コロナ禍前と現在における収入への影響については、「変わらない」が65.3%、「収入が減った」は28.1%だった。職業別に見ると、「収入が減った」と回答した正社員は18.5%であるのに対し、非正規が38.7%、自営業では65.7%であった。

緊急事態宣言中の変化 
 〇「配偶者と末子小学生以下の世帯」で女性の7割、
     男性の約4割が「家事負担が増えた」と回答
 
  緊急事態宣言中の生活や行動、心身の変化については、「人との交流機会が減った」が76.5%と最も高く、次いで「感染への不安を抱えていた」が73.1%、「家事の負担が増えた」が45.1%であった。性別・家族形態別に見ると、「配偶者(パートナー)と子ども(末子が小学生以下)の世帯」で、女性の70.0%が「家事の負担が増えた」と回答しており、男性の40.4%を大きく上回った。


■今、困っていること

 〇「自分自身や家族の健康面」が5割超、「自分の仕事や生き方」が4割 
  今、困っていることについては、「自分自身や家族の健康面」が55.1%と最も高く、「自分の仕事や生き方」が40.4%、「自分自身や世帯(家族)の経済面」が30.5%であった。

女性に対する必要な支援 
 〇「適切な相談先に関する情報提供」が5割を超える
   女性に対する必要な支援については、「仕事や生活、家庭等に不安がある際の適切な相談先に関する情報提供」が57.9%と最も高く、次いで「メールやSNS等を活用した相談」が42.9%、「テレワークできる場の提供」が34.7%であった。

【「女性のためのコロナ禍に関連する情報サイト」等の開設】
 
このたびのアンケート結果を踏まえ、適切な相談先に関する情報の提供を充実するため、本日、府や国が開設しているさまざまな相談窓口を、女性の視点でとりまとめた情報サイト「女性のためのコロナ禍に関連する情報サイト」を男女参画・府民協働課ホームページ内に開設します。
 また、必要な情報が見つからない場合のため、大阪府ホームページに、お問い合わせフォーム「女性のためのコロナ禍に関連する情報照会」を設置します。
 引き続き、コロナ禍において女性が抱える悩みや課題の解決につながるよう、取り組んでまいります。 


ロゴ  SDGs      

関連ホームページ

「新型コロナウイルス禍が女性に及ぼす影響について」緊急アンケート結果

 

女性のためのコロナ禍に関連する情報サイト

 

女性のためのコロナ禍に関連する情報照会

資料提供ID

39176

ここまで本文です。