報道発表資料検索


個人情報が記載された文書の誤配付について

代表連絡先 教育庁  教育振興室支援教育課  学事・教務グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-9362
メールアドレス:kyoikushinko-g05@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年8月19日

提供時間

14時0分

内容

 府立東淀川支援学校において、個人情報が記入された「特別支援教育就学奨励費(※)支給明細書」(以下、「明細書」という。)の誤配付がありました。このような事態を招きましたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。

 
1 誤配付した個人情報の内容 
令和2年度「明細書」 中学部生徒1人分
生徒氏名・保護者氏名・学部・学年・クラス・就学奨励費支給額・支弁段階・振込先口座番号

※特別支援教育就学奨励費制度
 障がいのある幼児児童生徒が特別支援学校等で学ぶ際に、保護者が負担する教育関係経費(通学費、給食費等)について、家庭の経済状況等に応じ、国及び地方公共団体が補助する制度。

2 事案の経緯
 令和2年7月31日(金曜日)
 ・担任Aは、生徒登校前に明細書を含む全5種類の文書を教室に持って行き、各生徒のトレイに仕分けた。
 ・生徒登校後、担任A・Bは2人で手分けして各生徒のトレイから取り出した文書を、各生徒の連絡袋に入れた。

 令和2年8月3日(月曜日)
 ・生徒Cの保護者より、配付された文書のうち明細書が生徒Dのものである旨の連絡が担任あてにあり、明細書の誤配付が判明した。
 ・誤配付された「明細書」は、生徒Cにより連絡袋に入れて学校に返却された。返却された書類は、生徒Dに正しく配付された。
  
  令和2年8月4日(火曜日)
 ・教頭から教育庁へ事案発生の報告。
 ・生徒Cの保護者及び生徒Dの保護者に対して謝罪と経緯説明の電話連絡をした。

4 誤配付の原因
 ・担任Aは、各生徒のトレイに配付文書を仕分ける際に、1種類の文書につき、それぞれ「個人情報を含む文書配付に係るチェック票」(以下、「チェック票」という。)を用いて確認しなければならないところ、文書をまとめて確認した。
 ・各生徒のトレイに配付文書を仕分ける際及び各生徒のトレイから各生徒の連絡袋に文書を入れる際に、複数人での確認を怠った。

    
5 再発防止策
 (1)当該校においては、再発防止のためチェック票の使用方法等について、ただちに職員研修を行うとともに、毎年度当初に全教職員に周知を行い、個人情報を含む文書の配付を行う際にはチェック票を使用して必ず複数人で確認することを徹底する。
 (2)当該校においては、全教職員に対し、情報セキュリティーポリシーの再確認を行い、個人情報に係るルールの遵守を徹底することを改めて周知する。
 (3)教育庁として、全府立支援学校に本件を周知し、個人情報の適切な取扱いについて、改めて注意喚起を行う。

資料提供ID

39009

ここまで本文です。