報道発表資料検索


「大阪府循環型社会推進計画」の進捗状況を公表します

代表連絡先 環境農林水産部  循環型社会推進室資源循環課  リサイクルグループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9567
メールアドレス:shigenjunkan-recycle@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年8月21日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、府民、事業者、行政が連携・協働し、循環型社会を構築するため、「大阪府循環型社会推進計画」を策定しており、施策の実施状況等を毎年公表することで、各主体の取組を促進しています。

 このたび、令和元年度の一般廃棄物の排出量等(速報値、以下同様)や施策の実施状況を取りまとめましたので、お知らせします。

 府民・事業者の皆さまには、引き続き、廃棄物の削減や分別排出等に一層の御協力をお願いします。

 

1 計画の進捗状況

(1)目標項目の推移

 本計画期間中の、一般廃棄物の「排出量」「最終処分量」「1人1日当たりの生活系ごみ排出量」は横ばいとなっており、また、「再生利用率」は低下傾向にあるため、府民、事業者、行政が連携して、ごみのさらなる削減や分別排出等の取組が必要です。

  

(2)成果を実感できる指標の推移

 府独自に設定している「成果を実感できる指標」は、全項目とも計画期間では横ばいで推移しています。 

 

2 令和元年度における主な施策の実施状況

(1)一般廃棄物

 大阪府や市町村では、3R推進月間である10月から11月にスーパーや商店街等と連携した「おおさか3Rキャンペーン」による啓発や、ごみ減量化や食品ロスに関する啓発などに取り組みました。

 また、プラスチックごみ対策として、行政、事業者、NPO及び府民等の各主体がプラスチックごみ対策の取組をさらに推進するため、「おおさかプラスチック対策推進ネットワーク会議」を令和元年7月に設置し、使い捨てプラスチックの3R等について検討を行った他、「プラスチックごみ対策シンポジウム」の開催や、イベントでの啓発を行いました。
 

(2)産業廃棄物

 不適正処理事案に対する監視パトロールなど警察等と連携しながら法令遵守の徹底を図るとともに、建設工事に係る処理責任の徹底や土地所有者への土地の適正管理の啓発・指導等を実施しました。

 

※進捗状況の詳細は関連ホームページ及び添付資料を御参照ください。

 

 国連では、2030年までの国際目標として「持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に策定されました。環境月間における各種行事は、SDGsに掲げる17のゴールのうち以下のゴールの達成に寄与するものです。


sdgs 

 大阪府では、SDGsの推進を図り、SDGs先進都市をめざします。

関連ホームページ

大阪府循環型社会推進計画

添付資料

大阪府循環型社会推進計画の進捗状況 (Wordファイル、948KB)

 

大阪府循環型社会推進計画の進捗状況 (Pdfファイル、864KB)

 

(参考資料)目標と指標について (Pdfファイル、657KB)

資料提供ID

38952

ここまで本文です。