報道発表資料検索


「令和元年度 大阪府及び府内市町村の消費生活相談の概要」をまとめました

代表連絡先 府民文化部  消費生活センター  事業グループ
ダイヤルイン番号:06-6612-7500
メールアドレス:shohiseikatsu-center@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年7月31日

提供時間

14時0分

内容

 このたび、令和元年度の府消費生活センター及び大阪府内43市町村の消費生活相談窓口における相談の概要をまとめましたのでお知らせします。府消費生活センターに寄せられた相談事例とその処理結果及びアドバイスについても掲載していますので、お役立てください。
 困ったな、おかしいなと思ったら、最寄りの消費生活センターにつながる消費者ホットライン(局番なし188(いやや))へ電話してください。


○相談全体の動向
・令和元年度に大阪府及び府内市町村の消費生活相談窓口が受け付けた相談件数は74,479件で、前年度(73,827件)に比べ652件(0.9%)増加しました。
・契約当事者の年代別で見ると、未成年(20歳未満)が1,970件で前年度(1,500件)と比べ31.3%増加し、特に18歳未満は1,155件となり、前年度(751件)と比べ404件(53.8%)増加しました。65歳以上の高齢者層は20,246件で、前年度(21,870件)と比べ1,624件(7.4%)減少しました。しかし、65歳以上の相談が全体に占める割合は3割近く(27.2%)を占めています。

○内容別の特徴
1.「健康食品」「化粧品」の定期購入に関する相談が増加

2.「架空請求(未納料金があるなどというハガキやメールが届いた、利用した覚えのない有料サイトの利用料など)」が依然として多発

3.電力の小売り完全自由化(平成28年4月)に伴い、電気の契約切り替えのトラブルが増加傾向

4.販売方法・手口では、「インターネット通販」、「定期購入」の相談が顕著

5.新型コロナウイルス関連の相談(令和2年1月下旬から3月末)は1,168件
なお、新型コロナ関連の相談(令和2年1から5月)については、別途「大阪府における新型コロナウイルス関連消費生活相談の概要」(令和2年7月7日発表)にまとめています。

6.危害(商品・役務・設備に関連して、身体に怪我、病気等の危害)を受けたという相談では「健康食品」「化粧品」などの健康被害の相談が増加

○.若年者層と高齢者層の相談の特徴
1.若年者層の相談では、20歳未満が大幅に増加
・20歳未満の相談件数は1,970件で前年度の1,500件より31.3%増加。
・30歳未満の相談件数は8,647件で、前年度(7,467件)より1,180件増加。
・商品・役務別で最も多い相談は「健康食品」(681件)で、次に多い相談は「化粧品」(617件)。
・全年代に占める30歳未満の割合では、「オンラインゲーム」(231件)や「内職・副業その他」(245件)、「エステティックサービス」(340件)が、いずれも約5割を占める。

2.高齢者層の相談では、 65歳以上がやや減少
・65歳以上の高齢者の相談は20,246件で、前年度の21,870件より7.4%減少。
・認知症等の高齢者に関する相談は691件で、前年度より62件増加。本人以外からの相談が約8割。
・商品・役務別で最も多い相談は「商品一般」1,607件で、次は「デジタルコンテンツその他」1,032件、3位が「健康食品」816件。「商品一般」及び「デジタルコンテンツその他」のうち「架空請求」は合わせて907件。全年代に占める高齢者の割合では「放送サービス」(534件)や、「電気」(534件)がいずれも約4割を占める。



SDGs持続可能な開発目標12 つくる責任つかう責任

大阪府では、SDGsの推進を図り、SDGs先進都市をめざしています。
消費生活相談は、SDGsに掲げる17のゴールのうち、「12 つくる責任つかう責任」のゴール達成に寄与するものです。

関連ホームページ

消費生活相談概要(年度別)

 

大阪府内の新型コロナウイルス関連消費生活相談の概要

添付資料

「令和元年度 大阪府及び府内市町村の消費生活相談概要」本文 (Pdfファイル、587KB)

 

「令和元年度 大阪府及び府内市町村の消費生活相談概要」本文 (Wordファイル、403KB)

 

令和元年度 消費生活相談概要資料編 (Pdfファイル、194KB)

 

令和元年度 消費生活相談概要資料編 (Wordファイル、167KB)

 

令和元年度 消費生活相談(大阪府消費生活センター版)資料編 (Pdfファイル、209KB)

 

令和元年度 消費生活相談(大阪府消費生活センター版)資料編 (Wordファイル、218KB)

資料提供ID

38819

ここまで本文です。