報道発表資料検索


京阪神連携によるスタートアップ・エコシステムが国の「グローバル拠点都市」に選定されました!

代表連絡先 商工労働部  中小企業支援室商業・サービス産業課  新事業創造グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9492
メールアドレス:shinjigyo@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年7月14日

提供時間

12時0分

内容

 この度、内閣府が進める「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」(注1)の「グローバル拠点都市」として選定されましたので、お知らせします。これは「大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム」(注2)が、京都、ひょうご・神戸の各コンソーシアムとの連携により、申請を行ったものです。
 今後は、国の支援も得ながら力強いシナジー効果を発揮し、ライフサイエンス分野をはじめとする関西の強みが活かせる、世界に伍するスタートアップ・エコシステムを構築していきます。


<拠点都市認定による京阪神の連携した取組、大阪の取組>


【京阪神の連携した取組】

京阪神の強みであるバイオ・ヘルスケア・ライフサイエンス・ものづくりや情報通信の分野を中心に、都市の枠を超えてそれぞれの共通点と強みを活かした資源や支援メニューの相互活用、情報発信を進め、優れた製品・サービスをスピーディ・継続的に生み出せるエコシステムの構築をめざします。また、スマートシティへの対応や大阪・関西万博の機会の活用についても京阪神一体となって取り組みます。
(例:国際イノベーション会議Hack Osakaにおいて、京都・大阪・兵庫の民間企業や大学が参画をして、成功事例の創出を行うことを検討)

    
【大阪の取組】

大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアムにおいて、構成メンバーが一体となって、拠点形成計画の実現に向けた取組みを進めます。具体的には、人材、技術やアイデア、資金など、イノベーションを生み出す資源が集積するうめきたエリアを深化させ、大企業、大学、行政などの連携により、2025年大阪・関西万博の開催やスマートシティ実現に向けて、グローバルに活躍できるスタートアップを輩出していきます。
(具体的取組事例:各種アクセラレーションプログラム、グローバルピッチイベント、人材育成・流動化、海外スタートアップの誘致、万博で活躍するスタートアップの創出支援 等)


<参考情報:国の支援> 
1ランドマークプログラム(アクセラレーションプログラム)の実施 
2世界への情報発信、起業家・投資家の招致の支援 
3政府のスタートアップ支援の積極的な実施 
4規制緩和の推進等
5民間サポーターによる支援


(注1)国が、世界に伍する日本型のスタートアップ・エコシステムの拠点の形成と発展をめざし、一定の集積、潜在力を有する都市において、スタートアップ・エコシステムの形成を推進する拠点形成計画を認定し、政府、民間サポーターによる支援を実施(詳細は関連ホームページ「内閣府ホームページ」をご参照ください。)。
 

(注2)大阪府、大阪市、堺市、大阪産業局、経済団体、大学等で連携し、大阪にグローバルに展開するスタートアップが連続的に輩出される環境「スタートアップ・エコシステム」を構築することを目的として設立した組織。(詳細は関連ホームページ「大阪スタートアップ・エコシステム」をご参照ください。)
グローバル拠点都市 説明図


 


 

関連ホームページ

内閣府ホームページ

 

大阪スタートアップ・エコシステム

添付資料

大阪府・大阪市・堺市・大阪産業局 各トップのコメント (Pdfファイル、206KB)

資料提供ID

38641

ここまで本文です。