報道発表資料検索


個人情報が記載された書類の紛失について

代表連絡先 健康医療部  保健医療室地域保健課  難病認定グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6397
メールアドレス:chiikihoken-g05@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年6月26日

提供時間

14時0分

内容

地域保健課において、個人情報を含む書類「特定医療費支給対象者連絡票」※(以下「連絡票」という。)を紛失したことが判明しました。
このような事態を招いたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に努めてまいります。
※難病患者に対する医療費助成事務において、申請者が加入する保険者(市町村や国保組合等)に高額療養費の所得区分を照会する書類。
 

1 「連絡票」に記載されていた個人情報
指定難病受給者番号、氏名、生年月日、被保険者証記号番号、被保険者氏名 、保険者認定区分(高額療養費の所得区分) 5名分
 

2 経過
○令和2年5月15日(金曜日)
・地域保健課から東大阪市へ5名分の連絡票を発送し、高額療養費の所得区分を照会。
○令和2年6月17日(水曜日)
・5月15日に発送した5名分の連絡票の回答が返送されていないため東大阪市に確認したところ、5月20日(水曜日)に返送されていることが判明。
○令和2年6月18日(木曜日)
・当課において、受領簿を確認したところ、5月22日(金曜日)に連絡票が入った封筒を受領していたことが判明。
○令和2年6月18日(木曜日)・19日(金曜日)
・執務室内を捜索するも発見できず。
○令和2年6月22日(月曜日)
・紛失した連絡票に記載された5名全員に対し、電話で紛失経緯の説明及び謝罪を行い、了解を得た。
・東大阪市に対し、電話で紛失経緯の説明及び謝罪を行い、連絡票の再送付を依頼した。

 

3 紛失の原因
連絡票は執務室外に持ち出すことはないことから、封筒を開封する際の書類の取り出し確認及び封筒を廃棄する際の内容物の確認を怠ったため、連絡票の入った封筒を廃棄予定の封筒と混在させ、シュレッダーで廃棄した可能性が高い。
 

4 再発防止策
・封筒から書類を取り出す際に取り漏れがないことを確認するとともに、シュレッダーで廃棄する前に封筒の中に内容物の残存がないか確認する。
・保険者への照会期限を連絡票到達後2週間としていることから、期限内に返送がない場合はすみやかに保険者への確認を行う。
・課内の職員に対して、個人情報保護の重要性を再認識させ、個人情報の適正な取扱いを更に徹底する。
 

資料提供ID

38514

ここまで本文です。