報道発表資料検索


第1回 外国人のための「一日インフォメーションサービス」(無料相談会)を開催します

電話またはオンラインで、13分野の専門家と10言語の通訳が対応します

代表連絡先 府民文化部  都市魅力創造局国際課  国際化推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9309
メールアドレス:kokusai@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年6月17日

提供時間

14時0分

内容

「外国人の住みやすい大阪」を考える関係機関等連絡会議(事務局:公益財団法人大阪国際交流センター)では、令和2年7月12日(日曜日)に、電話またはオンライン(Zoom)により、外国人向けの無料相談会「一日インフォメーションサービス」を開催しますので、お知らせします。オンラインによる相談は、今回初めて実施します。

新型コロナウイルス感染症拡大等の影響を受け、休業や雇止め等により生活が困窮し、在留資格の更新や賃貸住宅の契約等、日常生活において様々な不安や悩みを抱えている外国人住民が増えています。

この相談会では、出入国・在留、労働、生活、子育てなど、多岐に渡る分野の専門家が、在住外国人に情報の提供や相談対応を行います。

また、日本語が十分に話せない、あるいは理解できないことから、日常生活において、さまざまな不自由や悩みを抱えている外国人のため、英語、中国語、韓国・朝鮮語など10言語の通訳ボランティアによるサポートを行います。

〔第1回 外国人のための「一日インフォメーションサービス」概要〕

1.日時

令和2年7月12日(日曜日) 11時から17時

2.相談方法

電話またはオンライン(Zoom)による相談

3.内容

法律、人権、出入国・在留、労働、職業、保険年金、生活、税金、医療、歯科、薬剤、進学、子育て、その他生活一般にかかわる情報の提供および相談

4.対応言語

英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語、インドネシア語、タイ語、フィリピン語、ベトナム語、ネパール語の10言語

5.相談費用

無料

6.申込方法

・事前の申込みが必要です。

公益財団法人大阪国際交流センターのホームページの申込フォームからお申込みください。

先着順で受け付けます。(申込締切:7月9日(木曜日))

・相談枠に空きがある場合は、公益財団法人大阪国際交流センターのホームページやFacebookで案内し、当日申込みを受け付けます。なお、通訳の手配ができない場合があります。

7.主催

「外国人の住みやすい大阪」を考える関係機関等連絡会議(「一日インフォメーションサービス」実行委員会)

◎構成団体

大阪法務局・大阪出入国在留管理局・大阪労働局・日本年金機構大手前年金事務所・全国健康保険協会大阪支部・大阪府・大阪市・大阪弁護士会・大阪府行政書士会・一般社団法人大阪府医師会・一般社団法人大阪府歯科医師会・一般社団法人大阪府薬剤師会・大阪商工会議所・近畿税理士会・大阪府社会保険労務士会・独立行政法人日本学生支援機構大阪日本語教育センター・大阪市立男女共同参画センター子育て活動支援館・特定非営利活動法人関西国際交流団体協議会・公益財団法人大阪府国際交流財団・公益財団法人大阪国際交流センターほか

8.その他

・相談内容についての秘密は厳守します。(匿名相談も可)

・相談にかかる通信やその他の費用等は相談者の負担となります。

9.お問合せ先

公益財団法人大阪国際交流センター 国際交流課

電話番号:06-6773-8182

メールアドレス:ih-johokikaku@ih-osaka.or.jp

所在地:大阪市天王寺区上本町8−2−6

※令和元年度の実績(令和元年6月23日・令和2年2月16日の2回実施)

相談件数 181件

(主な相談者の国・地域 中国23件、フィリピン10件、ブラジル・台湾7件)

(主な相談内容 出入国・在留関係52件、職業23件、保険年金20件、税金17件、労働14件)



SDGsのロゴマークゴール10

大阪府では、SDGsの推進を図り、SDGs先進都市をめざしています。

外国人のための「一日インフォメーションサービス」の開催を通じて、SDGsに掲げる17のゴールのうち、「10 人や国の不平等をなくそう」のゴール達成に寄与するものです。

関連ホームページ

公益財団法人大阪国際交流センター

添付資料

第1回 外国人のための「一日インフォメーションサービス」 (Pdfファイル、580KB)

資料提供ID

38426

ここまで本文です。