報道発表資料検索


大阪府海域で漁獲された二枚貝から麻痺性貝毒が検出されました

漁獲の対象となる二枚貝の貝毒検査結果について(第2報)

代表連絡先 環境農林水産部  水産課  企画・豊かな海づくり推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9612
メールアドレス:suisan@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年3月26日

提供時間

14時0分

内容

 3月25日に大阪府海域で漁獲されたトリガイ及びタイラギについて貝毒検査を行い、本日検査結果が判明しました。

 トリガイについては、下図のとおり国の定める規制値(4マウスユニット/g)を超える麻痺性貝毒が検出されましたので、大阪府漁業協同組合連合会及び関係漁業協同組合に対し、出荷の自主規制を要請しました。併せて、出荷状況の確認、出荷済品の回収の指導等、対策を講じています。

 なお、アカガイ及びその他二枚貝(タイラギ及びシジミを除く)については、引き続き、大阪府漁業協同組合連合会及び関係漁業協同組合に対し出荷の自主規制を要請しており、流通しておりません。

  府民の皆様におかれましては、食中毒のおそれがありますので、絶対に大阪府の海岸に自生する二枚貝(アサリ、ムラサキイガイ、カキなど)を採って食べないでください。

 引き続き、漁獲の対象となる二枚貝について定期的な監視を継続し、以降の検査結果及び検査の予定については、随時水産課ホームページ「漁獲の対象となる二枚貝の貝毒検査結果」に掲載します。
   
【検査結果】

種名場所結果
トリガイ大阪府海域

15 マウスユニット/g
(規制値超え)

タイラギ大阪府海域

3.0 マウスユニット/g
(規制値以下)

【備考】
※1マウスユニット=体重20g のマウスを15 分で死亡させる毒量
※人の致死量は、体重60kgの人で約3,000から20,000マウスユニット(MU)と言われています。
15MU/gの貝毒を含むトリガイの場合は、むき身で約200gから1,333g(概ね5から33個)が致死量に相当します。しかし、それより少量の摂取でも症状が起こる危険性がありますので、注意が必要です。
  
【安全性の確認】
 検査結果が3週連続して規制値以下となった場合に、貝の種類ごとに規制を解除します。
 
【検体採取日】
 トリガイ・タイラギ 令和2年3月25日
 
【結果判明日】
 トリガイ・タイラギ 令和2年3月26日
 
<お問合せ先>
大阪府海域の二枚貝の検査及び規制
 環境農林水産部  水産課 企画・豊かな海づくり推進グループ
 直通電話番号06-6210-9612 ファクシミリ番号06-6210-9611

麻痺性貝毒による食中毒防止対策
 健康医療部 食の安全推進課 食品安全グループ
 直通電話番号06-6944-6705 ファクシミリ番号06-6942-3910

関連ホームページ

漁獲の対象となる二枚貝の貝毒検査結果(水産課)

 

貝毒に注意しましょう(食の安全推進課)

資料提供ID

37828

ここまで本文です。