報道発表資料検索


大阪府災害派遣福祉チーム(大阪DWAT「ディーワット」)が始動します

長期間の避難所生活等を支援する民間の福祉専門職によるチームを発足

代表連絡先 福祉部  地域福祉推進室地域福祉課  企画推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-7602
メールアドレス:chiikifukushi-g03@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年3月26日

提供時間

14時0分

内容

大阪DWATユニフォーム写真大阪府では、長期避難生活における二次被害(生活機能の低下や要介護度の重度化等)を防止するため、災害時要配慮者(高齢者や障がい児・者、子ども等)への福祉支援活動を行う、『大阪府災害派遣福祉チーム(大阪DWAT)』の構築に向け、民間の福祉関係団体等が参画する大阪府災害福祉支援ネットワーク会議を設置し、検討を進めてきました。

  このたび、民間の福祉専門職(※)で構成するチームを避難所等へ派遣できる体制が整い、災害時の新たなセーフティネットとして、大阪DWATを発足いたしましたのでお知らせいたします。

(※)福祉専門職とは: 介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉士、看護師、理学療法士、
                                   精神保健福祉士、保育士、その他介護職員等

    

1 大阪DWATの概要

   被災市町村等の要請を受け避難所等で、災害時において配慮を要する方々への支援を行います。
  活動は、被災地の復興と自立を支援するためのものとして、原則1か月程度を想定しています。

 (1)チーム員登録者数

      255名 【民間の社会福祉施設等に勤務する福祉専門職】
      チーム員登録要件: 上記の資格・職種で、大阪府と「大阪DWAT派遣に関する協定」を締結する
                                   民間協力施設等から推薦を受け、 大阪府が指定するチーム員養成研修を
                                   修了した者

 

 (2)チームの活動等

   大阪府DWATもずやん

チーム編成派遣期間

1チーム5名程度
【複数職種で編成】

    ・1チームあたり連続5日以内
    ・1か月程度の間チームを交代して派遣
     (30日間の活動には、6チームが必要)

  

活動場所活動内容
小学校等の
一般避難所

  ・アセスメント(避難者への必要な支援)
  ・相談支援(福祉ニーズの把握等)
  ・日常生活上の支援(食事・介護等)

 

2 大阪DWATへの協力団体等 

(1)民間協力施設等 150施設(83法人)

   大阪DWATのチーム員を派遣することについて協力する施設又は事業所等として、大阪府へ届出を頂いています。(詳細は添付ファイルを参照してください)

 

(2)民間協力団体 8団体

      チーム員登録への働きかけや、チーム員候補者の推薦、チーム員への研修実施に係る支援等とともに、災害発生時に大阪DWATの派遣に関し必要な支援体制を確保することを目的に、大阪府と協定の締結を頂いています。

 

          ・社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会
   ・公益社団法人 大阪介護老人保健施設協会
   ・公益社団法人 大阪社会福祉士会
   ・公益社団法人 大阪介護支援専門員協会
   ・公益社団法人 大阪介護福祉士会
   ・公益社団法人 大阪府理学療法士会
   ・特定非営利活動法人 大阪医療ソーシャルワーカー協会
   ・一般社団法人 大阪府訪問看護ステーション協会

 

関連ホームページ

大阪府災害派遣福祉チーム(大阪DWAT)の設置について

添付資料

大阪DWAT協力施設一覧 (Pdfファイル、286KB)

 

大阪DWAT協力施設一覧 (Excelファイル、27KB)

資料提供ID

37663

ここまで本文です。