報道発表資料検索


府営住宅用地活用事業一般競争入札について

府営富田林清水住宅において、用地の一部を条件付で売却します

代表連絡先 住宅まちづくり部  住宅経営室施設保全課  資産活用グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9759
メールアドレス:jutakukeiei@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年3月19日

提供時間

5時0分

内容

※本件入札は中止になりました。令和2年5月1日(金曜日)14時00分に中止についての報道提供をしています。


 大阪府では、老朽化した府営住宅の建替えにより創出した土地(=活用用地)や、府営住宅内の未利用地などの活用可能財産(=低未利用地)を活用して、歳入の確保を図るとともに、民間の活力や創意工夫により良好な住まいとまちづくりを行うため、「条件付一般競争入札」を行っています。

このたび、下記の用地について、地域のまちづくりに必要な土地利用条件等を定め、その遵守を条件とした一般競争入札による土地の売却を行うこととなりましたのでお知らせします。


1.用地の概要

 ・富田林清水住宅北側用地(別添図参照)

○所在地 : 富田林市清水町141番8(近鉄長野線「富田林駅」下車 東 約600m)

○用途地域 : 第一種中高層住居専用地域(建ぺい率60%、容積率200%)

○売払予定面積 : 1,422.74平方メートル

  

2.用地活用事業の概要 

詳細については、要領を参照してください。

(1)事業者決定方法

土地利用等について条件を付した一般競争入札により、事業者を決定する。

(2)参加資格(主なもの)

  ・個人、法人を問わず参加可能とする。

 ・入札物件において住宅の建築計画がある場合は、本件入札参加の申込みの日から入札の日までの期間において、営業を行うにつき、宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号)第3条第1項の免許を受けている者であること。なお、他の者と共同で入札に参加する場合については、これらの者のいずれかがこの要件を満たせばよい。

 ・入札物件において住宅の建築計画がある場合は、直近5ヵ年の間に事業主として行った、都市計画法(昭和43年法律第100号)第29条第1項の許可を受けた住宅地の開発行為並びに住宅の建設及び販売の実績を有する者。なお、他の者と共同で入札に参加する場合については、入札に参加する者のいずれかがこの要件を満たせばよい。

 ・入札物件において住宅以外の施設の建築計画がある場合は、その施設を営業若しくは運営する者であること。

 (3)土地利用条件(主なもの)

  建築物の用途は、次のいずれか(複数可)とすること。

ア.戸建住宅

イ.ファミリー向け住戸を中心とした共同住宅

      ウ.老人福祉法第29条に規定する有料老人ホーム(高齢者の居住の安定確保に関する法律第5条に規定するサービス付き高齢者向け住宅であって、有料老人ホームに該当するものを含む)

     ※)有料老人ホームを主たる用途として、その他高齢者福祉施設を併設することは可能とします。ただし、本件入札の落札決定や契約をもって、当該施設の運営に必要な指定等が保証されるものではありません。

(4)最低売払価格

    58,300,000円


3.スケジュール

詳細については、要領を参照してください。

  ○入札公告(要領の公表)       :令和2年3月19日(木曜日)

  ○入札参加申込み           :令和2年5月11日(月曜日)、同月12日(火曜日)

  ○入札および開札(落札者の決定)   :令和2年5月15日(金曜日)

    ○土地利用計画図等の提出(条件適合確認):入札及び開札の翌日から同月25日(月曜日) まで

    ○契約、支払い、所有権移転      :令和2年6月15日(月曜日)から6月19日(金曜日)まで

                        

  

関連ホームページ

府営住宅用地活用事業(用地の処分等)

添付資料

入札実施概要 (Pdfファイル、1218KB)

 

入札実施概要 (Wordファイル、948KB)

資料提供ID

37605

ここまで本文です。