報道発表資料検索


「HBNetコラボイベント 国立健康・栄養研究所との協業ビジネス創出セミナー」を開催します!

―任天堂Wii fit plusの共同開発事例からメタボ・フレイル対策を中心とした先端研究まで―

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室ライフサイエンス産業課  推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6115-8100
メールアドレス:life-science@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年2月12日

提供時間

14時0分

内容

※本イベントは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となりました。令和2年2月21日(金曜日)17時40分に中止についての報道提供をしています。

   

大阪府では、健康分野における健康シーズと企業ニーズのマッチングから実用化までを一貫して支援する、健康産業創出プラットフォーム「HBNet」を構築し、国立健康・栄養研究所(健栄研)とも連携して、企業の製品開発への支援を行っています。
 このたび、その取組みの一環として、我が国の健康課題の実態や、メタボ・フレイル対策を中心とした、健栄研の研究事例のご紹介を通じた協業ビジネス創出セミナーを開催いたしますので、お知らせします。
 なお、講演の後には、健栄研の研究者が参加するネットワーキングにおいて、ご関心のある研究テーマについての情報交換や、共同研究に向けたご相談などもしていただけますので、ご参加ください。

※国立健康・栄養研究所・・・国民の健康の保持・増進及び栄養・食生活に関する調査・研究を行うことにより、公衆衛生の向上及び増進を図る国立の研究機関として約100年の歴史を持っています。北大阪健康医療都市「健都」への全部移転が決定しており、移転を契機に、食・運動・睡眠等、健康関連産業の創出への貢献を進めていくこととしています。

※HBNe   

●日時:令和2年3月9日(月曜日)午後1時から午後3時まで

●場所:大阪イノベーションハブ(OIH)

      〒530-0011 大阪市北区大深町3番1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階

●内容:

1)健康産業創出プラットフォーム「HBNet」のご紹介

2)健栄研の100年の歴史と健康寿命延伸に向けた取組み

講師:国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所

理事

国立健康・栄養研究所 所長 阿部 圭一氏

3)メタボ・フレイル対策を中心とした先端研究事例のご紹介

 ・腸内細菌叢から見える健康づくり

講師: 国立健康・栄養研究所 身体活動研究部長 宮地 元彦氏

 ・フレイル対策による社会変革の可能性

講師: 国立健康・栄養研究所 健康長寿研究室 研究員 吉田 司氏

●対象:国立健康・栄養研究所との連携・共同研究等に関心のある企業・団体

●定員:30社

●参加費:無料 

●申込方法:HBNet 運営事務局※まで、メール又は電話にて、下記の通りご連絡をお願いします。

(1)ご連絡先:有限責任監査法人トーマツ

    電話:070−1454−4798(直通)

    メールアドレス:administrator@hbnet.info

(2)ご連絡時に以下の内容をお伝えください。

   ・企業、団体名  ・役職  ・氏名  ・連絡先(電話番号、メールアドレス)

 ※大阪府からの委託を受け、有限責任監査法人トーマツが運営しています。

●締切り: 令和2年3月6日(金曜日)午後5時まで

●主催:大阪府

●協力:国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所

●問合せ先:大阪府商工労働部成長産業振興室ライフサイエンス産業課
  電話:06−6115−8100

※前日までにイベントの中止・変更がある場合には、ホームページでお知らせします。

関連ホームページ

健康産業創出プラットフォーム「HBNet」

 

国立健康・栄養研究所

添付資料

セミナーチラシ (Pdfファイル、791KB)

資料提供ID

37196

ここまで本文です。