報道発表資料検索


大阪府水素ショーケース推進事業補助金の交付を決定しました

燃料電池フォークリフトを導入する府内中小企業を支援します

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室産業創造課  新エネルギー産業グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9295
メールアドレス:shinenesangyo@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年2月12日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、水素・燃料電池関連分野に関する今後の取組の方向性を示した「H2Osaka(エイチツーオオサカ)ビジョン」のもと、水素の需要拡大につながる産業用車両等への水素エネルギーの導入促進など、水素社会の実現に向けた取組を推進しています。

 このたび、府内中小企業が、水素エネルギーを動力源とする燃料電池フォークリフト(FCFL)を導入する際に、その経費の一部を支援する「大阪府水素ショーケース推進事業」の補助対象事業者を公募したところ、1件(2台)の応募がありました。

 申請内容を審査した結果、補助金の交付先を以下のとおり決定しましたのでお知らせします。
 

○交付決定先

事業者名事業実施場所交付金額交付決定日
トヨタL&F兵庫株式会社
(共同事業者:CKTS株式会社)

大阪府泉南市泉州空港南1番地
(CKTSカーゴビルディング)

4,000千円
(1台あたり2,000千円×2台)

令和2年
2月12日


 なお、補助対象事業者は、大阪府水素ショーケース推進事業補助金交付要綱に基づき、水素の利活用について多くの人に知ってもらえるよう、FCFL導入事業に係る視察対応や情報発信を行うこととなっており、府においても、これらの取組を水素先端技術のショーケース機能の一つとして広く発信していきます。

関連ホームページ

大阪府水素ショーケース推進事業補助金

添付資料

大阪府水素ショーケース推進事業補助金交付要綱 (Wordファイル、23KB)

 

大阪府水素ショーケース推進事業補助金交付要綱 (Pdfファイル、205KB)

 

令和元年度 大阪府水素ショーケース推進事業補助金公募要領 (Wordファイル、59KB)

 

令和元年度 大阪府水素ショーケース推進事業補助金公募要領 (Pdfファイル、280KB)

資料提供ID

37146

ここまで本文です。