報道発表資料検索


「柏原市ワイン用デラウェア栽培塾」受講生を募集します

大阪ワイン用ぶどうの担い手になりませんか

代表連絡先 環境農林水産部  中部農と緑の総合事務所  農の普及課
ダイヤルイン番号:072-922-3070
メールアドレス:chubunotomidori-g04@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2020年1月23日

提供時間

14時0分

内容

※本栽培塾は、開催延期になりました。令和2年2月20日(木曜日)14時に開催延期についての報道提供をしています。


 「大阪ワイン」は、近年の国産ワインブームに加え、昨年のG20大阪サミットで世界各国の方から好評を得るなど、注目が高まっています。
 このたび、日本有数のデラウェア(※1)の産地であり、古くからワイナリーとともに発展してきた柏原市で、安定した地元産ワイン製造と農地の活用による特産品づくりを進めるため「柏原市ワイン用デラウェア栽培塾」を開催します。
 この栽培塾では、ワイン用デラウェア生産者の育成を図ることを目的に、実習を通してより実践的に栽培技術を学び、受講後は受講生自らが農地を借りてぶどう栽培を行えることをめざします。
 つきましては、今年度の受講生を以下のとおり募集しますので、是非ご応募ください。

1 栽培塾の概要について
(1)開催期間
 [前期]令和2年2月から令和2年11月まで
 [後期]令和2年12月から令和3年11月まで

(2)開催場所
 柏原市雁多尾畑ほ場又は柏原市内会議室

(3)開催日程
 [前期]3時間×6回(9時30分から12時までを予定)
  2月26日(水曜日) 開会式
  3月4日(水曜日) 枝のせん定
  5月8日(金曜日) 新梢管理(芽かき、誘引)
  6月24日(水曜日) 結果調整(果実数の調整)、つる取り
  8月5日(水曜日) 収穫
  11月11日(水曜日) 閉会式
 ※ぶどうの生育状況によって、日程等は変更する場合があります。

 [後期]2.5時間×25回(月2回)
  受講生が共同で園を管理し、より実践的に栽培を学びます。
  修了生には、農地のマッチングを予定しています。

(4)主催
 柏原市農業経営改善支援センター(大阪府中部農と緑の総合事務所、柏原市、JA大阪中河内で構成)

2 受講生の募集について
(1)募集対象者
 柏原市内でワイン用デラウェア栽培を希望する者 10名程度
※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。

(2)募集期間
 令和2年1月24日(金曜日)から令和2年2月17日(月曜日)まで

(3)申込先 
 柏原市産業振興課に電話にてご応募ください。
 電話番号:072-972-1554

(※1)デラウェア:小粒の種無しぶどう。柏原で古くから栽培されており、大阪府は全国3位の生産量を誇る主力品種。

 国連では、2030年までの国際目標といて「持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に策定されました。本プロジェクトは、SDGsに掲げる17のゴールのうち以下ゴールの達成に寄与するものです。
31518
大阪府では、SDGsの推進を図り、SDGs先進都市を目指します。

関連ホームページ

柏原市産業振興課ホームページ

資料提供ID

36977

ここまで本文です。