報道発表資料検索


大阪ええまちプロジェクト「大交流会」の開催

代表連絡先 福祉部  高齢介護室介護支援課  地域支援グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6690
メールアドレス:koreikaigo-g05@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年12月20日

提供時間

14時0分

内容

大阪ええまちプロジェクト


※本イベントは中止になりました。令和2年2月19日(水曜日)14時に中止についての報道提供をしています。

 

 

大阪ええまちプロジェクト「大交流会」のご案内
<若手からシニアまでオール大阪で地域づくりを考える>



 いくつになっても住み慣れた地域で健康で暮らし続けるためには、地域の中でそれぞれの能力を活かして輝きながら暮らし続けることのできるよう、高齢者の生きがいづくりや社会参加を促進していくことが必要です。

 このため、大阪府では、2025年万博のメインテーマでもある「いのち輝く未来社会」の実現に向け、オール大阪で高齢者の生きがいづくりと健康長寿への気運を醸成し、住民主体(支え合い)による地域包括ケアシステムの構築を目指す「大阪ええまちプロジェクト」を実施しています。
 
 このたび、大阪府内で活躍するNPOや地域団体、地域住民、生活支援コーディネーター(※1)、市町村職員、プロボノワーカー(※2)等の多様な主体が一堂に会し、お互いの活動について情報共有を行い、支え合いの地域づくりに向けて新たな一歩を踏み出すことを目的に、「大交流会」を開催いたしますので、お知らせします。
 
※1 生活支援コーディネーター:高齢者の生活援助・介護予防サービスの提供体制の構築に向け、地域のコーディネート機能を担う者
※2 プロボノ:自らの職業を通じて培ったスキルや知識を提供するボランティア活動


1 日時  令和2年2月27日(木曜日) 午後1時30分から午後5時50分(交流タイム:午後6時から午後7時)
 
2 場所  BREEZE PLAZA(ブリーゼプラザ)
                  【住所】大阪市北区梅田2丁目4−9 ブリーゼタワー7階、8階
                  【最寄駅】 JR線「大阪」駅、 OsakaMetro四つ橋線「西梅田」駅、東西線「北新地」駅
                      阪神電鉄「大阪梅田」駅
                       
3 定員  250名
   【対象】   地域活動に興味のある地域住民、
        地域課題に取り組むNPO及び地域団体
        高齢福祉・地域福祉関係者(市町村、地域包括支援センター、社会福祉協議会等)
        企業関係者、アクティブシニア世代  等
 
4 開催内容

  第1部:「あったらいいな」から始めるええまちづくり 午後1時30分から午後2時30分
        ◆大阪ええまちづくりの紹介
        ◆慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科教授 堀田聰子氏による基調講演
        
  第2部:「地域課題、テーマ別分科会(前半)」 午後2時40分から午後4時10分
       (1)実践!地域住民同士で支え合う生活支援の有償ボランティア
       (2)介護予防・認知症予防の気運を、地域で高める取組とは?
       (3)食でつながる、多様につながる地域コミュニティの作り方

       「地域課題、テーマ別分科会(後半)」 午後4時20分から午後5時50分
       (1)子どもから高齢者まで多世代の交流を生む地域づくりの取組とは?
       (2)参加者・担い手との繋がりづくり居場所の魅力をどう伝えるか?
       (3)移動支援組織の立ち上げと運営
  ※希望者は第2部終了後、参加者同士の交流タイム(第3部)を設けています。
 
5 参加費  無料
 
6 問い合わせ先
 
  (大阪ええまちプロジェクト事務局)
  認定NPO法人サービスグラント事務局
  電話番号 06−6484−5810
 
お申込み方法:下記関連ホームページよりお申込みください。
 
お申込み期間:令和元年12月20日(金曜日)から令和2年2月26日(水曜日)

※申込者多数の場合は先着順とし、期日前でも申込みを締め切らせていただきます。

関連ホームページ

大阪ええまちプロジェクトホームページ

添付資料

大阪ええまちプロジェクト「大交流会」のご案内 (Pdfファイル、1738KB)

資料提供ID

36738

ここまで本文です。