報道発表資料検索


大阪府と東大阪市が地域未来投資促進法に基づき策定した基本計画の変更について、国の同意を得ました

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室国際ビジネス・企業誘致課  誘致推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9406
メールアドレス:kokusai-yuchi@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年12月20日

提供時間

14時0分

内容

 このたび、地域未来投資促進法に基づき、大阪府と東大阪市が共同で策定した「大阪府東大阪市基本計画(平成30年3月28日国同意)」の変更について、令和元年12月20日付けで国の同意を得ました。

 

【変更内容】

 基本計画中、5(1)地域の特性及びその活用戦略に、「東大阪市内の花園ラグビー場等のスポーツ施設を活用したスポーツ・観光・まちづくり分野」を追加 

 

【基本計画(変更後)の概要】 

 東大阪市は、全国でも有数の「モノづくりのまち」であり、製造業が基幹産業である。東大阪市内製造業の中でも製造品出荷額等が多く、事業所数も多い金属製品製造業、プラスチック製品製造業を中心とした企業群の高付加価値化の促進を図る。併せて市内にある4つの大学と市内企業との産学連携の促進により、東大阪市経済を牽引する企業群を創出し、経済の活性化と技術力の向上に取り組み、その効果を隅々まで波及させることをめざす。

 また、花園ラグビー場を有し「ラグビーのまち」として知られる本市では、ラグビーをはじめとするスポーツ全般を地域活性化に有用なツールとして位置付け、国際スポーツ大会を活用した誘客やスポーツ施設が集積する花園中央公園を賑わい創出の拠点とする取組みを推進している。今後は、既存のスポーツ関連資源の効果的な活用を進めるために民間投資を積極的に誘引し、本市の地域特性を生かしたスポーツ産業(スポーツツーリズム関連産業)の振興を図る。

 

(※)地域経済牽引事業について

 地域経済牽引事業とは、地域の特性(産業の集積、観光資源、特産物、技術、人材、情報その他の自然的、経済的又は社会的な観点からみた特性)を生かして高い付加価値を創出し、かつ、地域内の取引の拡大、受注の増大その他の地域の事業者に対する相当の経済的効果を及ぼすことにより、地域における経済活動を牽引する事業のこと。

関連ホームページ

地域未来投資促進法(経済産業省ホームページ)

 

地域未来投資促進法(大阪府ホームページ)

添付資料

基本計画PDF(東大阪市) (Pdfファイル、444KB)

 

基本計画WORD(東大阪市) (Wordファイル、471KB)

 

概要版(東大阪市) (Pdfファイル、190KB)

資料提供ID

36655

ここまで本文です。