報道発表資料検索


令和元年 年末一時金要求・妥結状況(最終報)

代表連絡先 商工労働部  雇用推進室労働環境課  地域労政グループ
ダイヤルイン番号:06-6946-2605
メールアドレス:sogorodo@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年12月18日

提供時間

14時0分

内容

令和元年 年末一時金要求・妥結状況(最終報)

【集計組合数:411組合(加重平均)】
【調査時点:12月4日現在】

□妥結額  732,317円(前年:731,336円)
□支給月数  2.46か月(前年:2.37か月)

【調査結果の特徴点】
◎全体平均の妥結額は2年連続の増加となり、5年連続で70万円台となった。
◎企業規模別では、すべての規模で増加を示し、特に中堅では対前年比5.5%増となった。
◎産業別では、製造業は減少となったが、非製造業は増加となった。

■大阪府総合労働事務所は、今年の府内労働組合の年末一時金の妥結状況等をまとめました。
■本調査の詳細分析(同一の組合による対前年比較)は、12月25日に当事務所ホームページに掲載します。併せてご参照ください。

○ 本調査の調査対象・集計方法
■本調査は、府内に所在する約1,700組合を調査対象として実施し、12月4日までに妥結額が把握できた543組合のうち、平均賃金が明らかな411組合(108,459人)について集計(加重平均・組合員一人あたり平均)しました。  

【集計方法について】
加重平均の算出方法は以下の方法で算出しています。
加重平均=(各組合の妥結額×各組合の組合員数)の合計/各組合の組合員数の合計


○ 調査結果の概要
(1)妥結額・支給月数の推移【添付資料P3「全体平均 妥結額・支給月数の年次推移」参照】
 全体平均では、妥結額732,317円(前年:731,336円)、支給月数2.46か月(前年:2.37か月)となり、妥結額、支給月数ともに前年を上回りました。               

(2)企業規模別の妥結状況【添付資料P4「企業規模別妥結状況」参照】
 企業規模別の妥結額をみると、
「299人以下(中小)」が、604,771円(対前年比:26,364円増、4.6%増)
「300から999人(中堅)」が、692,444円(対前年比:36,072円増、5.5%増)
「1,000人以上(大手)」が、759,660円(対前年比:2,486円増、0.3%増)
となり、すべての規模で前年を上回りました。

(3)産業別妥結状況【添付資料P5「産業別妥結状況」参照】
 産業別(大分類)の妥結額平均は、製造業が783,473円(前年:810,186円)、非製造業が649,646円(前年:586,979円)と、製造業が非製造業より高くなっています。
 なお、全体平均(732,317円)と比べて妥結額が高かった業種は、「情報通信業(1,271,835円)」、「機械器具(893,107円)」、「その他の製造(852,842円)」等となりました。一方、低かった業種は、「印刷・同関連(460,589円)」、「医療、福祉、教育、学習支援業(483,385円)」、「卸売・小売業(567,017円)」等となりました。

関連ホームページ

大阪府総合労働事務所ホームページ

添付資料

令和元年年末一時金要求・妥結状況(最終報) (Pdfファイル、391KB)

 

令和元年年末一時金要求・妥結状況(最終報) (Wordファイル、184KB)

資料提供ID

36589

ここまで本文です。