報道発表資料検索


個人情報を含む文書の誤送付について

代表連絡先 教育庁  教職員室教職員企画課  免許グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6180
メールアドレス:kyosyokuin-g15@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年10月18日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府教育庁教職員室教職員企画課において、教員免許更新事務に関して個人情報を含む文書を誤送付するという事案が発生しました。このような事態を招きましたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。

1 誤送付した書類及び記載されていた個人情報

 ・申請者A氏の免許状(氏名・本籍地(都道府県)・生年月日・免許状の種類等)

 ・申請者A氏の戸籍抄本(本籍・筆頭者・名・生年月日等) 

 

2 事案の経緯

8月2日(金曜日)

 ・教員免許更新に関するA氏の申請書類を郵送により受理。

 ・A氏の申請書類について、不要な書類(免許状、戸籍抄本)が添付されていたため、更新講習修了確認証明書(以下、「証明書」)(※)を送付する返信用封筒に封入。

※免許更新のため講習を受けた場合、その修了を確認したことを証明するもの。

 10月1日(火曜日) 

 ・証明書を発行し、各申請者の返信用封筒に入れて、簡易書留により発送。

 10月8日(火曜日)

 ・B氏から証明書に関係のない書類が同封されている旨の連絡があり、誤送付が判明。

 ・B氏に謝罪のうえ、誤送付した書類を回収。

 10月9日(水曜日)

 ・A氏に謝罪のうえ、経緯の説明を行い、免許状と戸籍抄本を返却。

 

3 誤送付の原因

 ・申請に不要な返却書類の封入及び証明書の封入の際、発送書類と送付先の確認が不十分であった。

 

4 再発防止策

 ・証明書の封入等の事務作業を行う場合には、必ず複数の職員であて名と送付物のダブルチェックをするなど、個人情報の取扱いに関するルールを徹底する。また、申請書類の受理から発送までの作業工程を見直し、返却書類が封入されている封筒を区別して管理する。

 ・本件を教育庁職員に周知し、個人情報の適切な取扱いについて、改めて注意喚起を行う。

資料提供ID

36126

ここまで本文です。