報道発表資料検索


10月30日は食品ロス削減の日!!イベント「みんなで減らそう 身近な食品ロス」を開催します!

代表連絡先 環境農林水産部  流通対策室  総務・企画グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9607
メールアドレス:ryutsutaisaku@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年10月21日

提供時間

14時0分

内容

 令和元年5月に成立した「食品ロスの削減の推進に関する法律」により、10月は食品ロス削減月間、10月30日は食品ロス削減の日と定められました。
 10月の食品ロス削減月間では、「食の都・大阪でおいしく食べきろう」をスローガンにキャンペーンを実施しているところです。(2019年9月24日報道提供済み)。
 10月30日には、食品ロス削減の日イベント「みんなで減らそう 身近な食品ロス」を下記のとおり開催しますのでお知らせします。
  
■内容

とき 令和元年10月30日(水曜日) 10時30分から17時00分

場所 イオン藤井寺ショッピングセンター 1階メインエントランス等
    (藤井寺市岡2丁目10番11号)

【1階メインエントランス】
 ○10時30分から11時00分
  ・オープニングセレモニー
   もずやん、まなりくん(藤井寺市公式キャラクター)、モッくん(ダイエー公式キャラクター)登場
    
 ○10時30分から17時00分 (販売ブースは売り切れ次第終了)
   ・「おおさか食品ロス削減パートナーシップ事業者」の出店
   (1)流通から外れてしまった規格外の洋菓子や、
      余ってしまった節分の福豆をリメイクした「三色福豆」の販売(株式会社ビューティフルスマイル)
   (2)少しのキズ等で市場に返品された野菜や果物の販売(株式会社ヘルシーベスト)
   (3)必要な量だけ購入ができるように、少量パックの和菓子の販売(御菓子司亀屋茂廣)
   (4)食品ロス削減につながる、AIを活用した需要予測による自動発注システムの紹介(株式会社シノプス)
   ※ショッピングセンター1階イオンフードスタイル藤井寺店(株式会社ダイエー)では、
           「家庭の冷蔵庫で眠っている食品を活用したレシピ提案と試食」を実施しています。(11時から 適宜実施)

 〇10時30分から
   ・食育ゲーム「1日に必要な野菜350グラムを実際に計ってみよう!」(大阪府食生活改善連絡協議会)

 〇11時00分から
   ・マイバック手作り体験  

 ○12時00分から、13時30分から、15時00分から
   ・クイズ大会
   (1)食品ロスクイズ(家庭の冷蔵庫の保存や買い物など、日々の生活で食品ロスを減らすには?)
   (2)食育クイズ(お箸を上手に持って、お魚をきれいに食べるには?)    

       
※参考:おおさか食品ロス削減パートナーシップ制度
 府とともに積極的に食品ロス削減の取組みを進める小売業や外食産業等の事業者をパートナーシップ事業者として決定する制度。
 事業者は年間の取組み内容を府と協議、実施し、府は事業者の取組みを消費者に向けて発信することで、府と事業者が連携して効果的な食品ロス削減を進めていくもの。     
 
 国連では、2030年までの国際目標として、「持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に策定されました。食品ロス削減については、SDGsの掲げる17のゴールのうち12のターゲット3に食料の損失の削減が目標に設定されています。

SDGs目標12SDGsロゴ      

 大阪府では、SDGsの推進を図り、SDGs先進都市をめざします。

関連ホームページ

令和元年度 食品ロス削減キャンペーン

 

おおさか食品ロス削減パートナーシップ制度

 

10月食品ロス削減月間キャンペーンについて(2019年9月24日報道発表)

添付資料

チラシ (Pdfファイル、1722KB)

 

会場イメージ図 (Pdfファイル、51KB)

資料提供ID

36102

ここまで本文です。