報道発表資料検索


大気中のPM2.5(微小粒子状物質)が高濃度になりやすい時期に入ります。

11月から5月は特に注意が必要です。

代表連絡先 環境農林水産部  環境管理室環境保全課  環境監視グループ
ダイヤルイン番号:06‐6210‐9621
メールアドレス:kankyohozen-01@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年10月31日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、PM2.5が高濃度になると予想される場合(*)に、大阪府ホームページや防災情報メール等で注意喚起をしています。PM2.5が高濃度になると、健康被害が生じる可能性があるため、ご注意ください。 

 

 (1)注意喚起時の行動の目安

  〇屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らす。

  〇換気や窓の開閉を必要最小限にするなど、外気の屋内への侵入をできるだけ少なくする。

  〇特に、呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢の方は体調に応じて、より慎重に行動する。

 

 (2)防災情報メールの登録のお願い

  府民の皆様には、PM2.5の注意喚起を防災情報メールで発信しますのでご登録をお願いします。
  登録方法は関連ホームページの「おおさか防災ネット」をご参照ください。

 

(*) 高濃度になると予想される場合:

   早朝または午前中の濃度が高く、1日平均値が、国が定める注意喚起のための指針値(70μg/m3)を上回ると予想される場合に、注意喚起を実施をします。

 

 国連では、2030年度までの国際目標として「持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に策定されました。本取組は、SDGsに掲げる17のゴールのうち、以下のゴールの達成に寄与するものです。
 全ての人に健康と福祉を住み続けられるまちづくりをゴール
 大阪府では、SDGsの推進を図り、SDGs先進都市をめざします。

関連ホームページ

大阪府の微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

 

おおさか防災ネット(防災情報メール)

添付資料

PM2.5の注意喚起について (Pdfファイル、775KB)

資料提供ID

36063

ここまで本文です。