報道発表資料検索


 「働き方改革」の実現につなげる! ワーク・ライフ・バランスシンポジウムを開催します。

ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間 記念イベント

代表連絡先 商工労働部  総合労働事務所  地域労政課
ダイヤルイン番号:06-6946-2604
メールアドレス:sogorodo@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年9月25日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、働く方々の労働環境の改善や、働き方を改革する企業を応援するための取組を行っています。
 また、本年4月の働き方改革関連法の施行をふまえ、ノー残業デーの実施や時間外労働の削減、年次有給休暇の取得促進などを広く呼びかけることにより、ワーク・ライフ・バランスの実現・休み方改善を促進する機運の醸成を図っています。
 このたび、11月の「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」に合わせて、「ワーク・ライフ・バランスシンポジウム」を開催します。
 当日は、【働き方改革】・【ワーク・ライフ・バランス】・【人材確保】をポイントとした講演をはじめ、大阪府内で先進的な取組を進めている中小企業(3社)によるパネルディスカッションを行います。
 働き方改革やワーク・ライフ・バランスに取組むことで生まれるメリットとは何か、人材不足にお悩みの中小企業の皆様にぜひお聞きいただきたい内容です。
 御社の具体的な取組、めざしたい「改革」を探す第一歩にご活用ください。


  日時  令和元年11月5日(火曜日)午後1時30分から午後4時15分

 場所  ドーンセンター 7階 ホール

 対象  府内企業(主に中小企業)の経営者、人事・労務担当者などの労使関係者、
             その他関心のある府民の方

 定員    200名(申込先着順)

 参加費  無料

 内容

 (1)基調講演

    テーマ 「働き方改革と人材確保の展望 ワーク・ライフ・バランスからはじまる新展開」

    講師 大阪経済法科大学経営学部 教授 服部 良子 氏
        (クレオ大阪中央研究室 室長)

        内容 人材不足で悩む企業の皆様へ、働き方改革やワーク・ライフ・バランスに取り組む
        ことで生まれる企業にとってのメリットとは?
                 「ただ取り組む」ではなく「こうなりたいから取り組む」へ、めざしたい「改革」を探す
        第一歩にご活用ください。
                 【働き方改革】・【ワーク・ライフ・バランス】・【人材確保】の3つをポイントに
                ご講演いただきます。


 (2)働き方改革に先進的に取組む中小企業によるパネルディスカッション

    パネリスト     先進的に取組む府内の中小企業 3社
    コーディネーター 服部 良子 氏

       内容 中小企業が実践している「働き方改革」とは?
       具体的な取組方法をパネルディスカッションの形式でご紹介します。
       ぜひ、御社で取組む際の参考としてください。

 (3)その他、働き方改革関連事業及び制度等のご紹介 など


<セミナー申込方法>
    インターネット申込みをご利用ください。
  電話、ファクシミリ、メール、持参によるお申込みの場合は、
  添付のちらし下部に記載の必要事項をご記入の上、
  下記までお申込みください。

  ※席の配置など、セミナー会場において配慮が必要な方は、
    事前に下記の申込先までご連絡ください。

<申込先>
  大阪府総合労働事務所 地域労政課
  (大阪市中央区石町2−5−3 エル・おおさか南館3階)
  電話番号 06-6946-2604
    ファクシミリ番号 06-6946-2635
   メールアドレス sogorodo@sbox.pref.osaka.lg.jp

関連ホームページ

インターネット申込

添付資料

ワーク・ライフ・バランスシンポジウムちらし (Pdfファイル、331KB)

資料提供ID

35784

ここまで本文です。