報道発表資料検索


個人情報を記載した入所児童の生徒証の紛失について

代表連絡先 福祉部  子ども室家庭支援課  育成グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6318
メールアドレス:kateishien-g02@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年8月30日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府立子どもライフサポートセンター(以下、「センター」という。)において、大阪府が入所措置している児童の口座開設のため銀行へ携行した生徒証1通を、銀行に向かう途中で職員が紛失する事案が発生しました。このような事態を招いたことをお詫びいたしますとともに、今後、個人情報管理を徹底し、再発防止に努めてまいります。

1 生徒証に記載されている個人情報
・児童氏名、生年月日
・児童が通学する学校の名称、住所
・児童がセンターに入所する前の住所
・児童の顔写真

2 経緯
〇令和元年8月16日(金曜日)
・職員が本児童を含む2名の施設生活で必要な銀行口座を開設するため、本児童の生徒証とセンターの在所証明書が入ったクリアファイルを持って、児童2名とともに銀行へ向かった。
・職員が銀行に到着して書類を確認した際、本児童の生徒証がクリアファイル内にないことに気付き、銀行からセンターまでの道のりを確認するが見つからなかった。
・職員がセンターに生徒証の紛失を報告。センターの他の職員が派出所で遺失届の提出を行うとともに、複数の職員でセンター内及び銀行までの道のりを捜索するが見つからなかった。
・センターから、本児童が通学している学校に状況を報告。

〇令和元年8月19日(月曜日)
・センターから警察署遺失物係、銀行に確認するが情報は得られなかった。

〇令和元年8月22日(木曜日)
・センター及び本児童を担当する子ども家庭センターの職員が本児童宅を訪問。保護者に対し生徒証の紛失についての経緯を説明、謝罪し、了承を得た。

3 原因
〇口座開設手続きに必要な書類の確認をしなかったため、職員が同伴する場合、生徒証は不要だったにも関わらず、持ち出してしまった。
〇個人情報の持ち出しに必要な手続きである持ち出し簿の記入を怠っていた。
〇個人情報が入ったクリアファイルを、カバン等に入れることなく、そのまま携行した。

4 再発防止策
〇児童が銀行口座の開設や他の手続きを行う場合において、同行する職員が不要な個人情報を持ち出すことのないよう、必要な書類や手順等をマニュアル化し、センター内で周知徹底する。
〇個人情報を持ち出す際にはファスナー付きのファイルケース等を使用することをマニュアルに明示し、ルール化する。
〇個人情報の適正な取り扱いについて、センター内で研修を実施する。

資料提供ID

35699

ここまで本文です。