報道発表資料検索


大きな変革期にあるモビリティがもたらすビジネスチャンスを捉え、新規参入セミナーを開催します!

中小企業のための「スマートエネルギー分野への参入セミナー」

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室産業創造課  新エネルギー産業グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9484
メールアドレス:shinenesangyo@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年9月11日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、今後の成長が見込まれる「蓄電池」、「水素・燃料電池」をはじめとするスマートエネルギー分野(※)において、中小企業のビジネス拡大の取組みを推進しています。
 このたび、その一環として、大阪商工会議所と連携し、次世代モビリティに求められる蓄電池や自動運転技術に焦点を当て、中小企業の関連産業分野への参入を後押しするためのセミナーを開催しますのでお知らせします。
 

 現在、移動課題の解決や地域の活性化をめざし、新たなモビリティサービスの社会実装に向けた取組みが国内各地で進展しています。こうしたサービスに活用される車両やシステムには、用途に応じた最適な蓄電池や自動制御技術などが求められていることから、中小・ベンチャー企業等にビジネスチャンスが広がるものと考えられます。

 本セミナーでは、将来モビリティ社会に向けた取組み紹介、最新の自動運転技術や次世代電池についての講演、さらには企業による先端技術の開発・実用化に向けた取組事例等の発表を行っていただきます。中小・ベンチャー企業の皆様、ぜひご参加ください。


1.日時:令和元年10月21日(月曜日) 13時30分から17時30分

2.会場:大阪商工会議所 4階 401号会議室(大阪市中央区本町橋2-8)

3.プログラム 
 (1)開会

 (2)施策紹介(13時35分〜14時05分)
    「“CASE”がもたらす将来モビリティ社会に向けた取組みの方向性」
     ・経済産業省製造産業局自動車課 課長補佐(戦略総括) 眞柳 秀人氏

 (3)基調講演(14時05分〜15時25分)
    「自動車の自動運転への取組み」
           ・群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター
      准教授・副センタ―長 小木津 武樹氏
    「全固体電池の材料開発と進展」
     ・大阪府立大学大学院工学研究科 教授 林 晃敏氏

 (4)企業による事例発表(15時40分〜17時20分)
    「ティアフォーの自動運転に関する取組みと今後の展望」
     ・株式会社ティアフォー 事業開発担当 岡井谷 紘喜氏
    「超小型電動モビリティ用ワイヤレス充電システムに関する実証」
     ・株式会社ダイヘン 執行役員 ワイヤレス給電システム部 部長  田中 良平氏
     「お掃除ロボットを使った実証実験エリア(ATC)の活用例のご紹介」
     ・中西金属工業株式会社 輸送機事業部 営業統括部  田村 英郎氏
     「マクセルの蓄電池事業とモビリティに対する取組み」
     ・マクセル株式会社開発本部基盤技術部 部長 片山 秀昭氏

 (5)大阪府の取組内容(17時20分〜17時30分)
     「大阪府スマエネビジネス拡大事業の取組みについて」
     ・大阪府 商工労働部成長産業振興室産業創造課 

  (6)閉会

    (閉会後にビジネスマッチングに向けた交流会を実施)

4.参加費:無料(但し交流会は1,000円)

5.定員:100名程度(申込み先着順)

6.主催:大阪商工会議所

7.共催:大阪府、Xport(クロスポート)

8.問合せ:大阪商工会議所 産業部 産業・技術振興担当 
     電話06-6944-6300、メールsangyo@osaka.cci.or.jp
     ファクシミリ06-6944-6249

9.申込方法:大阪商工会議所ホームページからお申込みください。
       http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201907/D22191021015.html


 

(※)蓄電池や蓄熱等の蓄エネルギー技術のほか、燃料電池や風力発電、太陽光発電等の創エネルギー技術、LED・熱利用等の省エネルギー技術及びエネルギーを効率的に利用するための情報通信技術などを用いたビジネスに関連する分野

関連ホームページ

中小企業のための『スマートエネルギー分野への参入セミナー』

 

大阪商工会議所ホームページ

添付資料

「スマートエネルギー分野への参加セミナー」チラシ (Pdfファイル、1767KB)

資料提供ID

35683

ここまで本文です。