報道発表資料検索


北陸新幹線(敦賀・新大阪間)に係る環境影響評価方法書及びこれを要約した書類の縦覧及び意見の受付等について

代表連絡先 環境農林水産部  環境管理室環境保全課  環境審査グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9580
メールアドレス:kankyokanri-g04@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年11月25日

提供時間

14時0分

内容

 北陸新幹線(敦賀・新大阪間)について、事業者(独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構)が環境影響評価法に基づき作成した環境影響評価方法書(注)及びこれを要約した書類を、大阪府環境影響評価条例に基づき令和元年11月26日(火曜日)から12月25日(水曜日)まで縦覧します。
 また、事業者がその縦覧期間内に関係市内で住民説明会を開催するとともに、令和2年1月8日(水曜日)まで環境影響評価方法書についての環境の保全の見地からの意見を受け付けます。

(注)環境影響評価方法書:環境影響評価を実施する項目や方法を取りまとめた書類
 
 国連では、2030年度までの国際目標として「持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に策定されました。環境影響評価制度は、SDGsに掲げる17のゴールのうち、以下のゴールの達成に寄与するものです。
すべての人に健康と福祉を安全な水とトイレを世界中に働きがいも経済成長も産業と技術革新の基盤をつくろう住み続けられるまちづくりをつくる責任つかう責任海の豊かさを守ろう陸の豊かさも守ろう2030年に向けて世界が合意した持続可能な開発目標です
 大阪府では、SDGsの推進を図り、SDGs先進都市をめざします。

関連ホームページ

大阪府の環境アセスメント

 

鉄道・運輸機構(北陸新幹線)のホームページ

添付資料

別紙(方法書の縦覧、住民説明会、意見の受付について) (Pdfファイル、104KB)

 

別紙(方法書の縦覧、住民説明会、意見の受付について) (Wordファイル、28KB)

資料提供ID

35667

ここまで本文です。