報道発表資料検索


取引休止状態にある預金口座に係る調査結果について

代表連絡先 教育庁  施設財務課  歳入・会計指導グループ
ダイヤルイン番号:06−6944−6915
メールアドレス:Jimushienc@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年8月23日

提供時間

14時0分

内容

 この度、府立高等学校2校に、三井住友銀行から、「取引休止状態にある預金口座」についてのハガキ(以下、「ハガキ」という)が到達し、現在利用していない口座があることが判明しました。

 各校とも口座開設日から最終取引日までに所属していた職員(退職者を含む。以下「職員等」という。)への聞き取り等を行ったところ、通帳の存在は確認できず、口座の残金の内容についても特定できませんでした。


 【残金の内容が特定できなかった口座】

1 概要

高等学校名

大阪府立桜塚高等学校

大阪府立三国丘高等学校

口座名義

大阪府立桜塚高等学校長

大阪府立三国丘高等学校 校長 校長名

銀行・支店

三井住友銀行豊中支店

三井住友銀行堺支店

口座種別

普通

普通

開設年月日

昭和50年(月日は不明)

昭和45年4月21日

最終取引年月日

不明

昭和62年2月16日

残高

72,979円

75,788円

  

2 調査の経緯

 令和元年5月28日(火曜日)に桜塚高等学校、同年6月3日(月曜日)に三国丘高等学校へハガキが到着。その後、両校とも以下の調査を実施した。

・ 通帳等がないため銀行へ口座情報(口座名義、開設年月日、最終取引年月日等)を照会、取得したが、両口座とも開設から長期間が経過しており、銀行にも取引明細は残っていなかった。

・ その後、口座開設年から現在に至るまで学校に所属した職員等で死亡等により連絡が取れない者以外から聞き取りを実施(桜塚高等学校9名、三国丘高等学校31名)。

・ 聞き取り内容をもとに校内の金庫や書棚等を捜索し、当時の支出関係資料等、入出金記録を確認したが、通帳は発見できず、書類等からも口座の内容は特定できなかった。


3 今後の対応
 当該口座の残金の内容は特定できず、府費が含まれないとの確認に至らなかったことから残金は府の雑入に繰り入れる。

資料提供ID

35664

ここまで本文です。