報道発表資料検索


『ドローン運航管理システムシンポジウム大阪』を開催します

ドローンの運航管理システムの構築に向けて、大阪府・大阪市・大商がJAXAと共催

代表連絡先 商工労働部  成長産業振興室産業創造課  産業化戦略グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9485
メールアドレス:sangyosozo@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年8月23日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、大阪市、大阪商工会議所とともに「実証事業推進チーム大阪」を組織し、「未来社会の実験場」をコンセプトとする2025年大阪・関西万博を見据え、AI・IоT、ロボット、ドローンなどの先端技術の大阪での実証実験を支援しています。
 このたび、この「実証事業都市・大阪」推進の一環として、宇宙航空研究開発機構(JAXA)および新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と大阪府・大阪市・大阪商工会議所が共同で『ドローン運航管理システムシンポジウム大阪』を開催しますのでお知らせします。

 

 近い将来、ドローンが幅広い分野で利活用されることが期待されていますが、そのためには、多数のドローンが操縦者の目視範囲を超えて自在に飛行できるよう、ドローン運航管理システム、UTM(UAS Traffic Management)の構築が必要とされています。

 

 このシンポジウムでは、国土交通省から「飛行情報共有システムの概要」を発表していただくとともに、ドローン運航管理システムの全体設計を担うJAXA等から、ドローンなどの事業に関心のある方に対し、最新の研究成果を発表します。また、今後さらに研究へ反映するため、参加者との意見交換を行います。ぜひご参加ください。

 

1.日時 

 

  令和元年9月11日(水曜日) 午後2時から午後5時まで

 

2.場所 

 

  大阪商工会議所 4階401号会議室 (大阪市中央区本町橋2-8)

 

3.内容 

 

 (1)特別講演

 

  「飛行情報共有システムの概要」

   国土交通省 航空局安全部安全企画課 主査 松隈洋平 氏

 

 (2)講演

 

  「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクトについて」

   NEDOロボット・AI部 プロジェクトマネージャー 宮本和彦 氏

 

  (3) 講演

 

  「ドローン運航管理システムの運用コンセプト」

   JAXA航空技術部門 次世代航空イノベーションハブ ハブマネージャ 原田賢哉 氏

 

 (4)講演

 

  「ドローン運航管理システムの開発〜安全な運航のための相互接続」

   日本電気株式会社 PSネットワーク事業推進本部 マネージャー 西沢俊広 氏

 

 (5)質疑応答/討議

 

4.参加対象者 

 

  ドローンなどを利用した事業に関心のある方

 

5.定員 

 

  100名(申込先着順)

 

6.参加費 

 

  無料

 

7.申込方法 

 

  関連ホームページの『ドローン運航管理システムシンポジウム大阪』参加申込みフォーム
  に必要事項を入力し、送信してください。

 

8.主催 

 

  国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)

 

9.共催 

 

  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、

  大阪府、大阪市、大阪商工会議所

 

10.留意事項 

 

  ・定員(100名)になり次第締め切らせていただきます。

  ・プログラム内容は変更になる場合がございます。

  ・会場に駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

  ・障がい等の理由により配慮を希望する方は、申込み時にお申し出ください。

 

関連ホームページ

『ドローン運航管理システムシンポジウム大阪』参加申込みフォーム

資料提供ID

35559

ここまで本文です。