報道発表資料検索


個人情報が記載された書類の誤交付について

代表連絡先 都市整備部  交通道路室道路環境課  管理グループ
ダイヤルイン番号:06−6944−6789
メールアドレス:kotsudoro-g12@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年8月13日

提供時間

14時0分

内容

 八尾土木事務所において、個人情報が記載された「道路工事施行承認許可書」一式を、本来交付すべき方(以下「A氏」という。)ではなく、別の許可書を受領するために来所された第三者(以下「法人B」という。)に誤って交付するという事案が発生しました。

 このような事案が生じましたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に取り組んでまいります。

 

1 流出した個人情報

 申請者A氏1名の氏名・住所・印影及びA氏の申請代理人1名の氏名・印影

 

2 経過

 ○令和元年8月1日(木曜日)

    「道路占用(保守)許可書」の受領のため法人Bが来所。

    法人Bに対し、誤ってA氏の「道路工事施行承認許可書」を発行し、交付。

 ○令和元年8月5日(月曜日)

    法人Bより誤った許可書である旨の連絡があり、その後来所された法人Bから、誤って交付した「道路工事施行承認許可書」を返却いただく。

    法人Bには謝罪のうえ、改めて「道路占用(保守)許可書」を発行し、交付。

 ○令和元年8月6日(火曜日)

    A氏の申請代理人に対し、事情説明と謝罪を行い、了解をいただいた。

    またA氏に対しても、申請代理人を通じ事情説明と謝罪を行い、了解をいただいた。

 

3 原因 

 許可書交付の際に、交付書類の許可番号、申請者名及び工事場所等の確認を怠った。

 

4 再発防止策

 ・全土木事務所において、許可書の発行時にチェックリスト(許可番号・許可受者・所在地(住所)・路線名・工事場所)による確認を徹底するよう、各事務所に指導する。

 ・許可書交付の際には、許可受者名等を受領者に示し、確認いただいたうえで交付する。

 ・同様の事務を行う部内職員に対して、注意喚起を行うとともに、改めて、個人情報の取扱いについて万全を期すよう指導する。

資料提供ID

35536

ここまで本文です。