報道発表資料検索


大阪府内におけるヒアリの確認について

代表連絡先 環境農林水産部  みどり推進室みどり企画課  都市緑化・自然環境グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9557
メールアドレス:midorikikaku@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年7月5日

提供時間

17時30分

内容

 令和元年7月3日(水曜日)に泉佐野市内で発見されたアリについて、専門家による同定の結果、7月5日(金曜日)に特定外来生物であるヒアリと確認されたとの連絡が環境省からありましたので、お知らせします。
 当該ヒアリは、イタリアのトリエステ港を出港し、中国の蛇口(シェコウ)港を経由後、大阪港で陸揚げされ、陸路で泉佐野市の事業者敷地に搬入されたコンテナ内において発見されたものです。
 確認された個体については、既に全て殺虫処理し、確認地点周辺では殺虫餌(ベイト剤)及び粘着トラップを設置するとともに、経由地周辺でも確認調査を実施しています。
 なお、大阪府域でのヒアリの確認事例は、平成29年度の1事例、平成30年度の4事例に続き、6事例目となります。

1 経緯

5月 7日イタリアのトリエステ港から当該コンテナを積載したコンテナ船が出港。
6月 8日経由地の中国の蛇口(シェコウ)港に到着。
6月14日別のコンテナ船に積み替えられ、蛇口(シェコウ)港を出港。
6月23日大阪港に入港し、当該コンテナを陸揚げ。
7月 3日当該コンテナを泉佐野市内の事業者敷地内へ移送。積荷を搬出する作業中に、作業員がコンテナ内にヒアリと疑わしいアリを発見したため、搬出した積荷をコンテナに戻し密閉し、環境省近畿地方環境事務所に通報。作業員2名が搬出作業中にアリに刺され、うち1名は医療機関を受診した。2名とも健康上の支障は生じていない。
7月 4日事業者によって当該コンテナ内部の燻蒸殺虫処理を実施。
7月 5日当該アリについて、専門家がヒアリであることを確認。泉佐野市、環境省近畿地方環境事務所の職員がコンテナ内部及び周辺の確認を行い、殺虫餌(ベイト剤)及び粘着トラップを設置。


2 今回確認されたアリについて
 泉佐野市内において確認されたアリは、ヒアリの働きアリ、有翅アリ10個体及びさなぎ(全体で数百個体)です。

3 今後の対応
 発見されたヒアリについては、全ての個体の殺虫処理が完了し、発見場所及びその周辺では、殺虫餌(ベイト剤)を設置しています。
 環境省が引き続き、関係機関等と協力して、発見場所周辺及び経由地のコンテナが置かれていた地点周辺の調査を行います。
 大阪府としては、引き続き環境省や関係市と連携協力し、情報収集に努めていきます。

4 ヒアリに関する注意事項
(1) 注意点について
 ・ヒアリを刺激すると刺される場合があります。
 ・ヒアリが生息している可能性があるような場所(緑地帯の土や芝生の土等)には、安易に手をいれないようにしてください。
 ・ヒアリと疑われるような個体や巣を見つけた際は、刺激(アリを踏もうとしたり、巣を壊したり等)しないでください。

(2) 刺されたときの対応について
 ・まず20分から30分程度は刺された部位を冷たいタオルや保冷剤などで冷やしながら安静にし、体調の変化がないか注意してください。
 ・体質によっては、刺されて30分以内に強いアレルギー反応(アナフィラキシー症状)が起こる場合があります。容体が急変したときは救急車を要請するなど、すぐに医療機関を受診してください。その際、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝え、すぐに治療してもらってください。また、刺されたアリの死骸を持参すると、診断に役立ちます。

(3)疑わしいアリを発見した際の対応について
 ヒアリと疑わしいアリを発見した場合や、ヒアリの特徴等一般的な問合せ、健康被害の問合せ等がありましたら、「ヒアリ相談ダイヤル」をご利用ください。
 ・ヒアリ相談ダイヤル 0570−046−110(IP電話の場合は06−7634−7300)
  【受付曜日】
   7月から9月は毎日
   10月から3月は月曜日・水曜日・金曜日(12月29日から1月3日は除く)
  【受付時間】
   午前9時から午後5時まで

 ・ヒアリの特徴などについては下記を参照してください。
  「特定外来生物ヒアリに関する情報」
  https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/attention/hiari.html

5 事業者の皆様へのお願い
 コンテナの開封時等にヒアリと疑わしいアリを発見した場合、まずは刺激を避けつつ、コンテナのどの箇所にどの程度の生きたアリ類がいるか等、状況を確認してください。
 多数の生きたアリ類の集団がいる(予想される)場合は、コンテナの扉を閉めて逃げ出さないよう静置してください。その上で、関係機関(港湾管理者、市町村、環境省近畿地方環境事務所等)に速やかに連絡し、取り扱いについて相談してください。可能であれば、強粘着の布ガムテープでコンテナの目張りをするなど、アリが逃げ出さないよう対応してください。
 アリ類が少数しかおらず、逃げ出す恐れのない場合は、市販のスプレー式殺虫剤等でその場で駆除してください。その上で、関係機関に速やかに連絡し、取り扱いについて相談してください。

5 問い合わせ先
 ・環境省近畿地方環境事務所(06−4792−0706)
 ・大阪府環境農林水産部みどり推進室みどり企画課(06−6210−9557)
 ・泉佐野市生活産業部環境衛生課(072−463−1212)

○今回確認されたヒアリ
今回確認されたヒアリ

○今回ヒアリが発見された場所
今回ヒアリが発見された場所

関連ホームページ

環境省「特定外来生物ヒアリに関する情報」

 

環境省近畿地方環境事務所

添付資料

ヒアリについて (Pdfファイル、69KB)

資料提供ID

35158

ここまで本文です。