報道発表資料検索


個人情報(電子メールアドレス)の流出について

代表連絡先 商工労働部  雇用推進室就業促進課  女性就業推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6360-9073
メールアドレス:shugyosokushin-g02@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年7月4日

提供時間

14時0分

内容

大阪府が外部の事業者に委託して実施しているOSAKAしごとフィールド運営委託事業において、委託事業者が、OSAKAしごとフィールドに登録している求職活動中の方(以下、「求職者」という。)に対して、電子メールを送信する際に、電子メールアドレス(以下、「メールアドレス」という。)が互いに見える状態で送信した事案が発生しました。

このような事態を招いたことを深くお詫びいたしますとともに、今後再発防止に取り組んで参ります。

※OSAKAしごとフィールドは、大阪府が設置する総合就業支援拠点で、事業運営をOSAKAしごとフィールド運営共同企業体に委託しています。

1.流出した情報
 求職者36名のメールアドレス

2.事案の概要
 委託事業者の社員が、求職者36名に対し、就職活動に関するアンケ―トを電子メールで送信する際に、「Bcc」欄にメールアドレスを入力するところ、「Cc」欄に入力し、一斉送信を行ったため、メールアドレスが互いに見える状態となった。

3.事案の経緯 
 令和元年7月1日(月曜日) 午後6時22分
 ・求職者36名に対し、電子メールを一斉送信
 令和元年7月1日(月曜日) 午後8時20分
 ・電子メールを送信した委託事業者の社員が、事案の発生に気づき、上司へ報告。
 令和元年7月2日(火曜日) 午前9時
 ・委託事業者の管理者より、大阪府へ報告。
 ・大阪府から委託事業者に対し、直ちに求職者36名に、お詫びと送信した電子メールの削除を依頼するよう指示。
 令和元年7月2日(火曜日) 以降
 ・委託事業者より電子メールを送信した求職者に対し、お詫びと削除依頼の電子メールを送信。
 ・あわせて、電話で連絡を行い、電話の繋がった28名の求職者に対し、説明と謝罪を行い、アドレスが見える状態になっている電子メールが削除されたことを確認した。
 ・引き続き、連絡がつかない求職者に対して、電話連絡を継続し、説明と謝罪、アドレスが見える状態になっている電子メールの削除依頼を行う。

4.流出の原因
 ・委託事業者の社員が「Bcc」欄に、メールアドレスを入力すべきところ、誤って「Cc」欄に入力したこと。
 ・送信前のダブルチェックを行っていなかったこと。

5.再発防止策
 大阪府は委託事業者に対し、以下のとおり指導し、実施結果を報告させます。
 ・複数の求職者にメールを送付する際は、メールアドレスを「Bcc」欄に入力しているかを必ず複数人で確認することを再度徹底すること。
 ・委託事業者の全社員に対して個人情報の取扱いに関する研修を実施する等、個人情報の取扱いに万全を期すること。

資料提供ID

35137

ここまで本文です。