報道発表資料検索


個人情報が記録された可能性のあるUSBメモリ等の紛失について

代表連絡先 教育庁  教育振興室高等学校課  学事グル−プ
ダイヤルイン番号:06-6944-6887
メールアドレス:kotogakko-g01@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年4月26日

提供時間

14時0分

内容

 府立布施工科高等学校(以下「同校」という。)において生徒の個人情報が記録された可能性のあるUSBメモリ及び個人情報が記載された書類を教員が紛失したことが判明いたしました。このような事態を招きましたことをお詫びいたしますとともに、今後、再発防止に全力で取り組んでまいります。
 なお、現時点で情報流出に関する連絡は入っていません。

1 USBメモリに記録された可能性のある個人情報の内容
  A教員が担任をしていた生徒に関する次のもの
  ・同校平成28年度1年生33名の生徒氏名、保護者氏名、郵便番号、住所、電話番号(携帯・自宅)、出身中学校、性別、生年月日、入学者選抜における総合点及び順位、受験番号、備考(過年度入学生等の情報)
  ・同校平成29年度2年生33名の生徒氏名、保護者氏名、郵便番号、住所、電話番号(携帯・自宅)
 ※重複があるため、実数は59名

2 紛失した書類に記載されていた個人情報の内容
  平成31年度1年生256名の生徒氏名、高校での部活動希望、中学時の部活動

3 事案の概要
  4月21日(日曜日)、A教員が個人情報が記載された書類等を無断で持ち出した。同日、それらの入った鞄を載せた車が車上荒らしに遭い、その鞄が盗難に遭った。

4 事案の経緯
  4月21日(日曜日)午前1時00分頃
 ・A教員が生徒の個人情報が記録された可能性のあるUSBメモリと個人情報が記載された書類を管理職に許可を得ず無断で持ち出した。
    4月21日(日曜日)午前1時45分頃
 ・大阪市中央区のコインパーキングに車をとめ、車内に荷物を残したまま財布、携帯電話及び鍵だけを持って車を離れた。
    4月21日(日曜日)午前3時20分頃
  ・コインパーキングに戻り、車上荒らしに遭っていることに気づく。警察に通報し、現場検証と事情聴取を受け、被害届を提出した。
  4月21日(日曜日)午前7時28分
 ・管理職に盗難に遭ったことを電話で報告した。

5 紛失の原因
 (1)府立学校では、USBメモリに個人情報を保存してはいけないルールであるにも関わらず、USBメモリに個人情報を保存したうえ、校外に持ち出した。
 (2)個人情報が記載された書類を、管理職に無断で校外へ持ち出した。
 (3)個人情報の取扱いに関する認識及び管理が不十分で、個人情報が記録された可能性のあるUSBメモリ及び外部に持ち出す必要のない個人情報が記載された書類の所在に注意を払っていなかった。

6 今後の対応
 ・4月26日(金曜日)に平成31年度1年生の学年集会を開き、謝罪と事情説明を行う。また、全校生徒へ謝罪の文書を配付する。
 ・後日、該当する卒業生等へ謝罪の文書を配付し、保護者等への説明会を開く予定。
 現在も警察による捜査中で、USBメモリを含む盗難品の発見には至っていない。そのため、明日から始まる連休期間中は、当該校において電話による相談窓口を開設し対応する。

7 再発防止策
  (1)USBメモリに個人情報を保存しないことを徹底する。
  (2)当該校においては研修を実施し、個人情報の管理・取扱いに関して意識を高めるとともに、本事案を全府立学校に周知し、個人情報の適正管理を改めて徹底する。

資料提供ID

34514

ここまで本文です。