報道発表資料検索


府営住宅の空室を活用した若者の職業的自立モデル事業の参加者募集について

代表連絡先 商工労働部  雇用推進室就業促進課  就業支援グループ
ダイヤルイン番号:-
メールアドレス:shugyosokushin-g01@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年4月25日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、OSAKAしごとフィールドを中心に若者の安定就業支援に取り組んでいます。
 府内の若者の概ね3人に1人にあたる約35万人が非正規雇用であり、その平均年収は約175万円(正社員は約494万円)と試算されています。その理由として、「親元から離れられない」、「他者との交流が少なくコミュニケーション力などの社会人基礎力が養成されにくい」、「自立するだけの収入が得られず将来への希望を見出しにくい」などがあります。
 そこで、平成29年度から平成30年度にかけて、公益財団法人日本財団およびNPO法人HELLOlifeと連携し、無業の若者や不安定な就業を繰り返している若者12名に対し、「府営住宅の空室を活用した若者の職業的自立モデル事業」を実施しました。この事業では8名の若者が最終的に自立した生活を送ることができるようになりました。
 平成31年度は若者の転入や地元企業の人材確保を目的として、実施主体に地元自治体である四條畷市も参画し、地元企業のご協力も得ながら、支援対象者数を28名に拡大して実施いたします。そこでこのたび、本事業に参加する若者を以下のとおり募集しますのでお知らせします。

1.実施内容
無業の若者または不安定な就業状況を繰り返している若者28名に対し、協力企業への就職マッチング機会の創出を行い、住居として大阪府営住宅28部屋を提供しながら、就職・住宅・コミュニティの3つのサポートプログラムで若者の自立を支援します。

2.協力企業(敬称略・五十音順)
イオンリテール株式会社、株式会社大前製作所、サン電子工業株式会社、末広石材株式会社、大東公民連携まちづくり事業株式会社、株式会社中北製作所、株式会社ハジメフーズ
 ※今後、随時増える予定です。

3.対象者
年齢:15歳から概ね39歳まで
条件:以下のいずれかに当てはまり、医師等による就労制限をされていない方
 ・現在無業状態で、就職し自立したいと考える方
 ・不安定な雇用形態を繰り返している方

4.募集期間
平成31年4月25日(木曜日)から平成31年5月27日(月曜日)18時まで

5.定員
28名
 ※選考により決定いたします。

6.実施場所
府営清滝住宅13棟、14棟、15棟(住所:四條畷市清滝新町)
 ※空室30戸を活用(若者のための住居28戸、コミュニティスペース2戸)

7.応募方法
関連ホームページのお申込みフォームよりご応募ください。

8.問合せ
事業内容の詳細や協力企業の詳細、よくあるご質問については、関連ホームページをご覧ください。
(若者の職業的自立モデル事業に関すること)
  大阪府商工労働部雇用推進室就業促進課    電話:06-6360-9072
  NPO法人HELLOlife                  電話:06-6147-3286
(府営住宅の空室活用に関すること)
  大阪府住宅まちづくり部住宅経営室経営管理課 電話:06-6210-9748

関連ホームページ

住宅つき就職支援プロジェクト「MODEL HOUSE」

資料提供ID

34439

ここまで本文です。