報道発表資料検索


武田薬品工業と「地域包括ケアシステムを支える在宅医療の推進に係る連携・協力に関する協定書」を締結しました

代表連絡先 健康医療部  保健医療室保健医療企画課  在宅医療推進グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6025
メールアドレス:zaitakuiryo@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年4月17日

提供時間

14時0分

内容

 本日、大阪府と武田薬品工業株式会社は、「地域包括ケアシステムを支える在宅医療の推進に係る連携・協力に関する協定書」を締結しましたので、お知らせいたします。

 

 本協定を機に、自治体支援を目的に地域医療の知見集積に取り組む武田薬品工業株式会社と連携・協力することで、さらなる在宅医療の推進に取り組んでまいります。

 

【主な連携・協力の内容】

○在宅医療サービス基盤の整備に関すること

・武田薬品工業株式会社が全国のICTシステムを活用した病診連携ネットワークの好事例を府に提供。
・大阪府は提供されたデータを基に、府内医療機関に具体的な効果やメリットを紹介することで、府内医療機関のICT導入を後押し。

○在宅医療に関わる人材育成に関すること

・武田薬品工業株式会社が他の自治体等のACP(※)に関する取組事例を提供。

・大阪府は提供された事例を基に、各医療職に対するACPの普及(実践)に向けた具体的・効果的なアプローチ手法を検討。

○医療と介護の連携に関すること

・武田薬品工業株式会社によるオープンデータの多角的な分析を活用し、大阪府が、市町村の地域包括ケアシステム、とりわけ今後の戦略的アクションプランとなる「ロードマップ」作成を支援。

※ACP(アドバンス・ケア・プランニング):人生の最終段階における医療・ケアについて、本人が家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合う取り組み


【本件に関する武田薬品工業株式会社の問い合わせ先】

  武田薬品工業株式会社 JPBU コミュニケーション部

  郵便番号 103−8668

  所在地   東京都中央区日本橋本町二丁目1番1号

  電話番号 03−3278−3499

添付資料

武田薬品工業との協定書 (Wordファイル、17KB)

 

武田薬品工業との協定書 (Pdfファイル、572KB)

 

武田薬品工業との協定について (Pdfファイル、544KB)

資料提供ID

34422

ここまで本文です。