報道発表資料検索


旧大阪府立国際児童文学館の活用事業者を募集します

代表連絡先 府民文化部  府民文化総務課  企画グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9303
メールアドレス:fuminsomu@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年3月28日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、「日本万国博覧会記念公園の活性化に向けた将来ビジョン」で公園の活性化に向けた基本的な考え方を定めており、その中で旧児童文学館については、「公園の様々な場所をアートやデザインなど芸術文化の創作・発信や芸術家の育成の場として活用するため、機会や場所を提供していく。また、公共建築百選に選ばれた優れた建物である旧大阪府立国際児童文学館の有効活用についてアイデア募集や事業コンペ等の実施を検討する。」としているところです。
  この考え方のもと、2015年度(平成27年度)にアイデア募集を実施し事業者ヒアリングを行うとともに、太陽の塔内部再生事業など公園の現状及び目指すべき公園像を踏まえ検討を行った結果、このたび、旧児童文学館を「文化・アート体験学習施設」と位置付け、同施設を整備運営する事業者を公募することとしました。
 万博記念公園を「大阪都市魅力創造戦略2020」に掲げる「世界第一級の文化・観光拠点」とするため、多くの事業者の皆様からの創意と工夫に満ちた魅力的な事業提案を募集します。


1.募集対象施設
『旧大阪府立国際児童文学館』
所在地     :大阪府吹田市千里万博公園10番6号
                 (最寄駅、大阪モノレール「公園東口駅」)
敷地面積 :4,168.46平方メートル
延床面積 :3,131.23平方メートル
               (車庫面積30.59平方メートル)
建物構造 :鉄筋コンクリート造 2階建
  
2.求める提案内容
 (1) 都市公園法第2条第2項第6号に規定する教養施設(体験学習施設)の整備運営に係る提案を求めます。
   具体的には、次のうち少なくとも1つの機能を有する文化・アート体験学習施設として、どのような整備運営を行うのかを提案してください。
      1 文化・アートの創作
      2 文化・アートの発信
      3 アーティストの育成
    また、都市公園法第2条第2項第3号及び第7号に規定する休養施設(休憩所、ベンチ等)や便益施設(飲食店、売店等)を併設させることで相乗的な効果の発揮を狙う提案も可能です。併設可能な公園施設については、募集要項をご参照ください。

 (2) 万博記念公園内にある施設として、専ら特定の方だけの利用に供することなく、一般の方も利用できるエリア(※)や曜日・時間帯・期間を設けるなど、公園の来園者も利用できる施設として整備運営を行ってください。なお、来園者から適正料金を徴収することは妨げません。
     ※…ベンチ等休憩施設、カフェ・レストラン等飲食施設、セミナー・イベントホール等貸ホール、美術館等を想定。

 (3) 「緑に包まれた文化公園」にある施設として、「世界第一級の文化・観光拠点形成・発信」に資するどのような事業を実施するのか、公園内の他施設との連携の視点も踏まえ、具体的に提案をしてください。
  

3.募集スケジュール

  (1)募集要項の発表
    2019年3月28日(木曜日)

  (2)現地確認
    2019年4月8日(月曜日)から5月10日(金曜日)まで
    ※上記日程で、現地案内をご希望される方は、募集要項に記載の申込書により、事務局の電子メールアドレス宛に送信してください。

  (3)質問の受付
    2019年3月29日(金曜日)から4月12日(金曜日)まで

  (4)質問の回答
    2019年4月22日(月曜日)

  (5)応募提案の受付
    2019年5月30日(木曜日)、5月31日(金曜日)午前9時30分から正午まで及び午後1時から午後5時まで

  (6)最優秀提案者の決定及び公表
    2019年6月下旬(予定)
  

4.その他
   募集要項や詳しい手続等は関連ホームページをご覧ください。
   なお提出書類等は、ホームページからダウンロードできます。

関連ホームページ

旧大阪府立国際児童文学館活用の活用事業者を募集します

資料提供ID

34223

ここまで本文です。