報道発表資料検索


商店街の課題解決にチャレンジしませんか!?優秀プランの提案者には事業費を支援します!

平成31年度 商店街サポーター創出・活動支援事業 課題解決プラン(チャレンジ型)

代表連絡先 商工労働部  中小企業支援室商業・サービス産業課  商業振興グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9496
メールアドレス:shogyo@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年2月28日

提供時間

14時0分

内容

商店街は、地域住民の買い物の場を提供するだけでなく、地域コミュニティの担い手としての役割など、重要な機能を有しています。一方、近年は店主の高齢化による後継者問題や集客力の低下など、様々な課題も見られるところです。
 大阪府内には、商店街の活性化に意欲的であるものの単独では活性化に取り組むことが困難(空き店舗の増加や商店街組織への加入が減少)な商店街があります。そこで、これら商店街において、商店街以外の企業、団体等による、商店街の活性化につながる先導的な事業プランを募集します。書類審査により選ばれた優秀プランには、府内の商店街で事業を実施する際の費用の全部又は一部を支援します。
 なお、本事業は「平成31年2月定例府議会大阪府一般会計予算」の成立を前提に事業化される停止条件付の事業です。本事業にかかる予算が成立しなければ、提案を公募したに留まり、いかなる効力も発生しません。

 
【実施商店街】 

実施商店街は、次のいずれかの要件を満たしていることとします。

ア 商店街内の空き店舗率が、概ね15%を上回っている

イ 商店街組織への加入率が、概ね85%を下回っている

提案者は、上記に該当する商店街と事前に調整を行い、必ず実施合意を得た上で、提案してください。


【募集内容】   
  事業を実施する商店街が抱えている課題を明確にしたうえで、その解決につながるプランを提案してください。 
   プランのテーマについては、以下の1、2に掲げるもののほか、独自で設定することも可能です。 
 
  1 地域住民との連携や地域資源の活用など、地域に根ざした商店街としての賑わい創出の取組
  2 外国人観光客等を呼び込むなど、従来の商圏範囲や来街者層を広げることでの集客力向上の取組 
  3 1、2以外のテーマ


  
【応募対象者】
 
商店街組織以外のNPO法人、公益法人、商店街振興の実績を有する企業、団体等(複数の者による共同企業体を含む。)で、府と委託契約を締結し、課題解決プランの実証事業を遂行できる能力を有している者。 
 
【審査の流れ】 
  
企画提案書の内容について、学識経験者や専門家等から意見を聴取し、その結果を基に大阪府が施策効果などを総合的に判断し、優秀プランを決定(2件程度)します(必要に応じてヒアリング等を行います。)。


【優秀プラン決定から事業の実施まで】
  
優秀プラン提案者と大阪府との間で委託契約を締結の上、事業を実施していただきます(委託料の上限:108万円(税込み。消費税免税事業者の場合は100万円))。
   また、年度末には、公開の成果発表会において、事業の実施内容、成果等について発表していただきます。

【事業のスケジュール】 
  平成31年2月28日 (木曜日)  応募受付開始 
         4月26日 (金曜日)  質問受付締切
         5月24日 (金曜日)  応募受付締切
         6月中旬          優秀プランの決定 及び 業務委託契約説明会 
         7月上旬               契約締結 及び 事業開始
  平成32年3月中旬                成果発表会開催
         3月末           契約終了


【応募先及び問合せ先】
 
大阪府商工労働部 中小企業支援室 商業・サービス産業課 商業振興グループ
   郵便番号:559-8555
   住所:大阪市住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)25階
   電話:06-6210-9496
   電子メール:shogyo@gbox.pref.osaka.lg.jp
 
【その他】 
   詳しくは、関連ホームページ「平成31年度 商店街サポーター創出・活動支援事業 課題解決プラン(チャレンジ型)」から公募要領をご覧ください。

【お知らせ】
 府内全ての商店街を対象とした『商店街サポーター創出・活動支援事業 課題解決プラン』も公募しています。

関連ホームページ

平成31年度 商店街サポーター創出・活動支援事業 課題解決プラン(チャレンジ型)

 

平成31年度 商店街サポーター創出・活動支援事業 課題解決プラン

資料提供ID

33937

ここまで本文です。