報道発表資料検索


「世界自閉症啓発デー」及び「発達障がい啓発週間」に関するイベントを開催します!

代表連絡先 福祉部  障がい福祉室地域生活支援課  発達障がい児者支援グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6689
メールアドレス:chiikiseikatsu@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2019年2月22日

提供時間

14時0分

内容

 毎年4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。また、4月2日から8日までを「発達障がい啓発週間」として、全国各地で発達障がいの啓発のためのさまざまな取組が行われます。 

 大阪府では以下のイベントを開催するとともに、府や市町村においてポスターの掲示など自閉症をはじめとする「発達障がい」について理解を深めていただくための啓発活動を行いますのでお知らせします。
 

※発達障がい講演会「世界自閉症啓発デー in OSAKA 2019」については、2月6日に報道提供している内容を改めて掲載しています。
 

〇府内の主要な建物等のブルーライトアップ

 大阪府内の主要な建物等を、「世界自閉症啓発デー」のシンボルカラーであるブルーにライトアップします。

日時:平成31年4月2日(火曜日) 日没(午後6時30分頃)から午後11時まで

       ※大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)は午後9時半、天保山大観覧車は午後10時まで

場所:大阪城天守閣、大阪府咲洲庁舎、大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)、通天閣、天保山大観覧車、万博記念公園太陽の塔(50音順)

主催:一般社団法人大阪自閉スペクトラム症協会・大阪府・大阪市

共催:日本発達障害ネットワーク大阪

協力:塩野義製薬株式会社

 
〇発達障がい講演会「世界自閉症啓発デー in OSAKA 2019」

日時:平成31年4月5日(金曜日) 午後2時から午後4時30分まで

場所:大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター) 7階 ホール

   (大阪市中央区大手前1丁目3-49)


講演:

第1部 「子どものやる気を引き出す子育て・関わり方を考える  一人一人の特性をとらえよう  」

講師:廿日市市教育委員会 特別支援教育アドバイザー

   堺市教育委員会 特別支援教育アドバイザー 山田 充(やまだ みつる)氏
 

第2部 「発達障がい(発達症)の現在(いま)」

講師:京都大学大学院 医学研究科 教授 十一 元三(といち もとみ)氏
 
 
参加費:無料(事前の参加申込が必要です)

定員:500名


申込方法:

 ・原則、関連ホームページの「大阪府インターネット申込み」よりお申込をお願いします。

 ・インターネット申込がご利用になれない場合は、添付の申込書に記入のうえ、メールまたはファクシミリで申込をしてください。

 ・障がいにより手話通訳や機器使用、その他の配慮を希望される方は、インターネット申込画面及び申込書の所定の欄に配慮の内容を具体的に記載してください。

申込先:大阪府 福祉部 障がい福祉室 地域生活支援課 発達障がい児者支援グループ

     メール:chiikiseikatsu@sbox.pref.osaka.lg.jp

     ファクシミリ番号:06-6944-2237

申込期間:平成31年2月6日(水曜日)から3月28日(木曜日)まで

       ※期間中に申込が定員に達した場合には、受付を締め切ります。

共催:塩野義製薬株式会社

 

関連ホームページ

発達障がい講演会「世界自閉症啓発デー in OSAKA 2019」を開催します!

 

「世界自閉症啓発デー」及び「発達障がい啓発週間」について

 

大阪市/「世界自閉症啓発デー」のブルーライトアップ及び発達障がいに係る啓発活動を実施します

添付資料

発達障がい講演会「世界自閉症啓発デー in OSAKA 2019」案内・申込書(PDFファイル) (Pdfファイル、960KB)

 

堺市/「世界自閉症啓発デー」及び「発達障害啓発週間」に関するイベントの実施 (Pdfファイル、134KB)

資料提供ID

33795

ここまで本文です。