報道発表資料検索


平成30年大阪府北部を震源とする地震義援金の第四次配分について

代表連絡先 福祉部  福祉総務課  総務・人事グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6191
メールアドレス:fukushisomu@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年12月5日

提供時間

14時0分

内容

 このたび、大阪府北部を震源とする地震の被災者に対し全国の皆様から寄せられた義援金について、「大阪府北部を震源とする地震義援金募集委員会」が開催され、第四次配分を決定いたしましたのでお知らせします。

 

<第四次配分>
(1)基礎配分
 災害救助法適用の13市町における家屋の全壊・半壊世帯・・・全壊50万円、半壊25万円(第一次からの総額 全壊150万円、半壊75万円)

 
(2)被災者生活再建支援法に基づく支給結果を一定考慮した配分(*1)
 災害救助法適用市町のうち高槻市を除く12市町において、被災者生活再建支援法に基づく住家被害世帯(全壊世帯、半壊解体世帯、長期避難世帯、大規模半壊世帯)と同等の被害を受けた世帯
…下記の支援金相当額(*2)
 (基礎支援金)全壊・半壊解体・長期避難:各100万円/世帯、大規模半壊:50万円/世帯
 (加算支援金)建設・購入の場合:200万円/世帯、補修の場合:100万円/世帯
(*1)世帯人数が単身世帯の場合は、各金額の4分の3
(*2)国制度の加算支援金のうち賃借に係る費用は支給対象外

 

※第一次から第四次配分までについて請求期限を設けますので、ご注意ください。
 請求期限:2020年3月31日(火曜日)

 

なお、緊急配分(第一次配分)、第二次配分及び第三次配分対象者のうち未請求者について、引き続き以下のとおり配分します。

 

<緊急配分(第一次配分)>
(1)災害救助法適用の13市町における死亡者・・・配分額100万円/人
(2)災害救助法適用の13市町における避難所避難者特例(*3)・・・配分額5万円/世帯
   (*3)住宅被害(一部損壊以上)のうち、障がい者手帳所持者を含む世帯、ひとり親世帯又は市町村民税非課税世帯であって平成30年6月27日午前0時から午前8時まで避難所に避難していた世帯

<第二次配分>
(1)災害救助法適用の13市町における重傷者(*4)・・・配分額10万円/人
  (*4)重傷者:大阪北部地震により負傷し、医師の治療を受け、又は受ける必要のある者のうち1月以上の治療を要する見込みのもの
(2)災害救助法適用の13市町における住宅被害(全壊)・・・配分額100万円/世帯
   (緊急配分(第一次配分)において既に請求された方は95万円)
(3)災害救助法適用の13市町における住宅被害(半壊)・・・配分額50万円/世帯
   (緊急配分(第一次配分)において既に請求された方は45万円)
<第三次配分>
(1)災害救助法適用の13市町において、一部損壊の住宅被害があり、障がい者手帳所持者を含む世帯かつ市町村民税非課税世帯(緊急配分(第一次配分)による避難所避難者特例を既に受けられた世を除く)・・・配分額5万円/世帯
(2)災害救助法適用の13市町において、一部損壊の住宅被害があり、ひとり親世帯かつ市町村民税非課税世帯(緊急配分(第一次配分)による避難所避難者特例を既に受けられた世帯を除く)・・・配分額5万円/世帯

 

<参考>
 ・義援金の募集結果   8億1797万493円
   ※大阪府並びに大阪府共同募金会及び日本赤十字社での募金の合計
 ・第一次から第三次配分実績 3億8925万円(平成30年11月22日時点)

関連ホームページ

平成30年大阪府北部を震源とする地震義援金について

資料提供ID

33130

ここまで本文です。