報道発表資料検索


「介護保険の保険者機能強化推進事業」に係る企画提案公募の選定結果について

代表連絡先 福祉部  高齢介護室介護支援課  企画調整グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-7089
メールアドレス:koreikaigo-g02@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年11月16日

提供時間

14時0分

内容

 今後、超高齢化・人口減少社会の急速な進展に伴い、高齢者が要介護状態になった場合でも安心して地域で自分らしく暮らし続けることができるよう、介護保険の保険者である市町村においては、高齢者の自立支援・重度化防止等の取組みによる保険者機能の強化が求められています。
 大阪府では、このような市町村の取り組みを支援するため、「介護保険の保険者機能強化推進事業」において、府内の介護保険関連のデータ分析・自立支援、重度化防止に向けた施策の進展を計測するための指標(key performance indicator)の設定、介護給付の適正化等に取り組みます。本事業に係る企画は、事業者の提案を公募し、このたび、以下のとおり最優秀提案事業者が決定しましたので、お知らせします。
 今後速やかに当該事業者と事業実施計画等の協議の上、協働して市町村職員を対象とした研修やアドバイザー派遣等、保険者機能の強化に向けた取組みを実施してまいります。


1.事業名

介護保険の保険者機能強化推進事業

2.提案事業者の名称(五十音順)

株式会社ナレッジ・マネジメント・ケア研究所
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

3.最優秀提案事業者

株式会社ナレッジ・マネジメント・ケア研究所

総合評価点 70.3点(100点満点中) ※総合評価は委員合議制による評価
[うち企画提案部分 60.3点、価格提案部分 10.0点、提案金額 14,580,000円(税込)]

4.選定委員会委員(敬称略、五十音順、〇印は議長)

委員氏名選考理由
川井 太加子(〇)
(桃山学院大学社会学部 教授)
 大阪府高齢者保健福祉計画推進審議会委員や介護福祉士国家試験委員を務めており、高齢者の自立支援・重度化防止のための施策について知見を有するため。

久保田 有子
(大阪弁護士会 弁護士)

 事業者選定過程の公平性・公正性を確保するため。
西本 真弓
(阪南大学 副学長、経済学部 教授)
 就業や介護分野を中心とした計量分析を研究テーマとしており、介護保険における地域差分析についての評価を行うことができる知見を有するため。

関連ホームページ

「介護保険の保険者機能強化推進事業」に係る企画提案公募について

資料提供ID

32871

ここまで本文です。