報道発表資料検索


広域サイクルルート連携事業 9月22日(土曜日)に試走会を行います!

〜広域サイクルルート形成に向けた社会実験をスタート〜

代表連絡先 住宅まちづくり部  都市空間創造室  都市空間創造グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9326
メールアドレス:toshikukan@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年9月14日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では「グランドデザイン・大阪都市圏」に基づき、行政区域にとらわれず広域的に連携し、圧倒的な魅力を備えた都市空間の創造をめざしています。この取組みとして、関西一円の広域サイクルルート形成に向け、企業版ふるさと納税を活用した「広域サイクルルート連携事業」を実施します。
 【企業版ふるさと納税企業(平成30年度事業分)】
  あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、株式会社アンド、株式会社グリーン発電大分、株式会社JTB、日鐵住金建材株式会社、株式会社日本エスコン、日本フォレスト株式会社、他2社(五十音順)

 

 第一弾として、12の民間企業、和歌山県など30の自治体等と協力し、9月22日(土曜日)から12月21日(金曜日)までの3ヶ月間、泉州サイクルルートを和歌山県の紀の川自転車道(WAKAYAMA800)へ拡大し、岬町からの航路「深日洲本ライナー」とも連携しながら社会実験を行います。

 

 この社会実験では、専門家が選んだモデルコースや市町お勧めのスポットなどを掲載したマップを作成・配布し、サイクルルートの魅力を発信するとともに、アンケート調査を行うことで、動向やニーズを把握・分析し広域サイクルルート形成に向けた効果検証を行います。

 ○アンケートについて
  ・方法:大阪府ホームページに掲載し、メールまたは郵送で回答、および、道の駅「いずみ山愛の里」、道の駅「奥河内くろまろの郷」、深日港観光案内所「さんぽるた」でも配布、回収を予定
  ・内容:印象的な景色やどのような所に立寄ったのかなど、地域の魅力を聞いたり、どのようなサイクルルートが望まれているのかを調査
  ・検証:単純集計やクロス集計を行い、年齢、性別によって、サイクルルートに対する、動向やニーズをグラフなどで可視化し、今後のまちづくりに活かしていく
 ○マップについて
  ・お勧め4ルート
   紀州街道サイクリング(初心者向け)
   絶景続く岬一周コース(初心者・中級者向け)
   中級者向け丘陵コース(中級者向け)
   超難関山岳コースでパワーアップ(上級者向け)
  ・入手方法
   1 大阪府住宅まちづくり部都市空間創造室ホームページからダウンロード
   2 切手を貼った返信用封筒を同封し、大阪府住宅まちづくり部都市空間創造室に郵送
  詳しくは、大阪府住宅まちづくり部都市空間創造室ホームページをご覧ください。

 

 9月22日の社会実験初日には、深日港(岬町)を発着する「絶景続く岬一周コース」の試走会を行います。
 ○日 時:平成30年9月22日(土曜日)10時30分から15時(9時45分から受付開始)
 ○場 所:深日港(大阪府泉南郡岬町)〜射箭頭(いやと)八幡神社(和歌山県和歌山市)
 ○内 容:(1)深日港での試走会出発式(10時30分から11時)
       (2)お勧めモデルルートを巡るサイクルツアー(11時から15時)
 ○試走予定者:竹内大阪府副知事、尾花和歌山市長、大阪府立大学 サイクリング部 他70名程度  など
 ※雨天中止(詳細については、大阪府住宅まちづくり部都市空間創造室ホームページでご確認ください。)

 

 ぜひ社会実験にご協力ください。(アンケート参加者には、民間企業から提供いただいた景品(抽選)も用意しています。)

  

   大阪湾広域サイクルルート連携事業社会実験エリア

関連ホームページ

「大阪都市圏広域サイクルルート連携事業」の取組み

添付資料

大阪都市圏広域サイクルルート連携事業社会実験協賛企業一覧 (Excelファイル、14KB)

 

大阪都市圏広域サイクルルート連携事業社会実験協賛企業一覧 (Pdfファイル、69KB)

資料提供ID

32314

ここまで本文です。