報道発表資料検索


11月は「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」です!

働き過ぎを防ぎ、仕事と生活の調和を

代表連絡先 商工労働部  雇用推進室労政課  労政・労働福祉グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9521
メールアドレス:rosei-g04@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年9月19日

提供時間

15時0分

内容

大阪府では大阪労働局等と連携して、今年度から新たに11月を「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」に設定し、下記の取組みを行います。期間中は「ノー残業デー」の実施などによる時間外労働の削減や、年次有給休暇の取得促進などを呼びかけ、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた気運の醸成を図ります。

 府内の事業者・労働者の皆さま方には、この期間に、「ノー残業デー」を設定して定時退社に努めるなど、時間外労働の削減や、積極的な年次有給休暇の取得等に取り組んでいただきますようお願いします。

 

<ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間>

 ○ 定時退社を心がけ、時間外労働の削減に取り組みましょう。

   〜特定の日や曜日に「ノー残業デー」を設定し、定着させましょう〜

 ○ 年次有給休暇の取得を促進しましょう。

   〜土日・祝日にプラスワン休暇して連続休暇を取得しましょう〜

 

1.実施期間

 平成30年11月1日(木曜日)から30日(金曜日)まで

 

2.主催

 大阪府、厚生労働省大阪労働局、大阪働き方改革推進会議(※)
 
3.協賛

  公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、大阪府商工会連合会、日本労働組合総連合会大阪府連合会、大阪府地域労働ネットワーク推進会議

  

4.具体的な取組み

 ・月間に先立ち、大阪府知事と大阪労働局長が連名で、府内の使用者団体・業界団体等(約3,000団体)に対し、9月中をめどに協力要請を実施。

 ・月間中、経済団体や労働団体、市町村等と協力して街頭啓発キャンペーン、啓発セミナー等を開催。(具体的な内容については、今後決まり次第本府ホームページ等でお知らせします。)

 

※大阪働き方改革推進会議

大阪地域におけるワーク・ライフ・バランスの推進、労働環境や処遇の改善等、労働施策の重要課題について、地域の関係者と幅広く情報共有、意見交換を行うことを目的に大阪労働局が設置。構成団体は、国・地方公共団体、経済団体、労働団体、金融機関。

添付資料

11月は、「ノー残業デー、ワーク・ライフバランス推進月間」です! (Pdfファイル、170KB)

資料提供ID

32298

ここまで本文です。