報道発表資料検索


府内の保育所等利用待機児童数等の状況(平成30年4月1日時点)について

代表連絡先 福祉部  子ども室子育て支援課  認定こども園・保育グループ
ダイヤルイン番号:06-6944-6678
メールアドレス:kosodateshien-g03@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年8月17日

提供時間

14時0分

内容

 平成30年4月1日時点での大阪府内の保育所等利用待機児童数等の状況を取りまとめましたので、公表します。

 

◇待機児童の状況 【資料1、2】

平成30年4月1日時点の待機児童数は 677人で、前年比 513人の減少。

 

・待機児童のいる団体は、前年から3減少して 22市町。

・待機児童の増加した団体は、9市町。待機児童が減少した団体は、15市町。

 

◇施設・事業所数と利用児童数等の状況 【資料1】  

平成30年4月1日時点前年比
 施設・事業所数2,218か所381か所増
 定員176,495人4,627人増
 申込児童数176,717人4,362人増
 利用児童数169,784人4,878人増
 待機児童数677人513人減

  

◇待機児童数の増減の要因

・待機児童数が増加した市町村では、女性の社会進出等により申込者数が増加したことや、保育士が確保できず定員を減らしたことなどが要因として挙げられました。

・待機児童数が減少した市町村では、保育ニーズの高まりを受け、計画的な施設整備や認定こども園への移行に取り組むなど、保育の受け皿を拡大したことが要因として挙げられました。

 

◇待機児童解消に向けた府の取り組み

・市町村が取り組む保育の受け皿づくりを支援

 (安心こども基金等による整備補助や府営住宅の空室など既存ストックの活用)

・保育士確保への取り組み

 (保育実技講習会方式による地域限定保育士試験の実施や、潜在保育士の復職支援の実施)

・企業主導型保育施設の設置及び活用に向けた相談支援

 

関連ホームページ

保育所等利用待機児童等の状況について

添付資料

(資料1、2)保育所等利用児童数・待機児童数等 (Pdfファイル、80KB)

 

(資料1、2)保育所等利用児童数・待機児童数等 (Excelファイル、27KB)

資料提供ID

31920

ここまで本文です。