報道発表資料検索


訓練科目名の報告誤り及び修了証書等の記載誤りに係る調査結果について

代表連絡先 商工労働部  雇用推進室人材育成課  技術専門校グループ
ダイヤルイン番号:06-6210-9533
メールアドレス:jinzaiikusei-g04@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年8月1日

提供時間

14時0分

内容

大阪府立高等職業技術専門校における、国への訓練科目名の報告誤り及び修了生に交付した修了証書、技能照査合格証書及び修了証明書の記載誤りにつきましては、平成30年6月7日付けの報道提供資料において、継続調査する旨、お伝えしておりましたが、その結果、下記のとおり、誤りがあることが判明しました。このような事案が生じましたこと、また、関係者の皆様にご心配、ご面倒をおかけしますことについて、改めまして深くお詫び申し上げますとともに、今後は再発防止に努めてまいります。


1 調査対象・項目
  ○平成20年度以降※の国への訓練科目名の報告内容
  ○平成20年度以降※の大阪府立高等職業技術専門校及び
    大阪障害者職業能力開発校の全訓練の修了証書、技能照査合格証書
    及び修了証明書の記載内容
       
         ※調査対象を平成20年度以降とした理由
           今般の調査にあたって確認する国への報告文書「地方職業能力
           開発実施計画」の保存期間が10年間であるため。

2 調査結果
  ○誤りの概要

     (1)修了証書、技能照査合格証書及び修了証明書における訓練科目名の記載誤り  

                            104科目 (別紙「正誤表(1)」のとおり)
  
          (2)修了証書、技能照査合格証書における、国が定める基準による訓練であることの記載漏れ、訓練課       

       程名の記載誤り及び訓練時間数の記載誤り                        計647科目
        
        ・国が定める基準による訓練であることの記載漏れ    
                          122科目  別紙「一覧表(2)」のとおり
        ・訓練課程名の記載誤り   151科目  別紙「正誤表(3)」のとおり
        ・訓練時間数の記載誤り   374科目  別紙「正誤表(4)」のとおり 
 

               ※なお、国への訓練科目名の報告内容には誤りがなかった。

                     <正誤表の校名の略称について>
                       北大阪 :大阪府立北大阪高等職業技術専門校
                       東大阪 :大阪府立東大阪高等職業技術専門校
                       南大阪 :大阪府立南大阪高等職業技術専門校
                       夕陽丘 :大阪府立夕陽丘高等職業技術専門校
                        芦 原 :大阪府立芦原高等職業技術専門校
                        守 口 :大阪府立守口高等職業技術専門校
                       障害者 :大阪障害者職業能力開発校
                      障害者*:特別委託訓練 
                               特別委託訓練とは、大阪障害者職業能力開発校から
                                     府内6カ所の社会福祉法人へ訓練を委託実施していもの

3 原因
  (1) 修了証書、技能照査合格証書及び修了証明書における訓練科目名の記載誤り
         ○ 訓練科目名の記載誤りについて
              ・国が定める訓練科目名を記載すべきところ、誤認して府が独自に名付けた府訓練科目名を記載した

                こと及び修了証書等を発行する業務システム(以下システムという)への入力ミスによるもの
 

  (2) 修了証書、技能照査合格証書における、国が定める基準による訓練であることの記載漏れ、訓練課程名の

         記載誤り及び訓練時間数の記載誤り
          ○国が定める基準による訓練であることの記載漏れについて
              ・国の規定では、国基準による訓練である場合は、「職業能力開発促進 
              法施行規則別表○によるもの」と表記することとなっているが、
               システムの様式設定を誤り、記載を漏らしていたもの。        

     ○ 訓練課程名の記載誤りについて
       ・訓練課程は、「普通課程」か「短期課程」のいずれかを記載すべきことになっている。訓練課程を「短期

                課程」から「普通課程」に変更した科目について、システムへの課程の変更入力漏れがあったことによ

                るもののほか、入力ミスにより「短期課程」と「普通課程」を取り違えて入力したことによるもの。
              ・特別委託訓練の場合においては、国の訓練課程記載のルールを誤認してシステムへ「特別委託訓練

                課程」と入力したことによるもの。

          ○ 訓練時間数の記載誤りについて
              ・国の基準では、訓練時間数は、50分の授業を1時間の訓練と表記することとされている。一方、府の

               授業は、1時限を45分で実施している。国の表記ルールにしたがって時間数を記載すべきところ、府

               の45分の授業(時限)数を訓練時間数の欄に表記した結果、誤ったもの。なお、国の、50分授業を
            1時間とする基準で1,400時間と規定されている訓練については府では、45分授業を1時間とし、
            1,556時間の訓練を実施している。このように、全ての訓練は、国基準に必要な訓練時間数を
             満たしている。              

               その他、システムへの入力ミスによるもの。
         
4 対応
   平成30年7月30日(月曜日)
             ・修了証書、技能照査合格証書及び修了証明書における訓練科目名の記載誤りに該当する修了生の

              皆様【計648名(※特別委託訓練修了生を除く)】に、お詫びと誤りの内容(正誤表)について文書をお

              送りした。その際に、ご希望者へは発行済みの修了証書、技能照査合格証書については、訂正通知
       書を発行、修了証明書については、正しいものと差し替えをさせていただく旨、併せてお知らせした。

               ※なお、特別委託訓練修了生352名については、委託先の社会福祉法人と協議の上、順次、お詫び

                  等の文書をお送りする等、対応していく。
 
               また、大阪府人材育成課のHPへも、上記と同様の内容を掲載している。

 
5 再発防止策
   ・全ての職業訓練指導員を対象に、証書等に関する根拠法令、運用ルール等、再発防止に向けた研修を実

         施した。(平成30年7月18日)
    本研修については、今後毎年実施し、業務への理解の浸透と定着を図る。
   ・修了証書等の発行業務マニュアルを作成し、複数人による点検など適正な発行業務の遂行を徹底する。


 

関連ホームページ

修了証書等の記載誤りについて

添付資料

正誤表(1) (Pdfファイル、42KB)

 

一覧表(2) (Pdfファイル、38KB)

 

正誤表(3) (Pdfファイル、34KB)

 

正誤表(4) (Pdfファイル、61KB)

資料提供ID

31835

ここまで本文です。