報道発表資料検索


平成29年 大阪府営港湾の港勢

代表連絡先 都市整備部  港湾局  施設運営グループ
ダイヤルイン番号:0725-21-7217
メールアドレス:kowankyoku-g28@sbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年7月20日

提供時間

14時0分

内容

2の完成自動車の取扱量については、平成30年7月24日に訂正の報道提供をしています。

大阪府が管理する港湾の港勢(平成29年1月から12月まで)について、次のとおりとりまとめましたのでお知らせします。なお、本件調査は統計法及び港湾調査規則に基づく調査で、調査対象は大阪府が管理する8港湾のうち、6港湾(堺泉北・阪南・深日・尾崎・泉州・泉佐野)です。

 

1 府営港湾全体の港勢

(1)入港船舶

入港船舶は、隻数45,331隻(対前年比1.2%減)、総トン数8,267万トン(同5.5%減)となっています。

 

(2)海上出入貨物

取扱貨物量は、7,576万トン(対前年比2.8%減)で前年より214万トン減少しています。

うち大阪府が管理する岸壁(以下、公共岸壁)での取扱貨物量は、2,117万トン(同2.6%増)で前年より54万トン増加しています。  

 

2 主要港湾の港勢

(1)堺泉北港

入港船舶は、隻数30,118隻(対前年比2.3%減)、総トン数7,886万トン(同5.7%減)となっています。

取扱貨物量は、7,211万トン(同2.7%減)で、前年より198万トン減少しています。

・公共岸壁での取扱貨物量は、1,927万トン(同4.1%増)で、前年より76万トン増加しています。

・主な取扱貨物は原油1,701万トン(同14.4%減)、【訂正済】完成自動車1,421トン(同4.6%増)です。

 

(2)阪南港

入港船舶は、隻数5,622隻(対前年比11.1%減)、総トン数216万トン(同10.0%減)となっています。

取扱貨物量は、218万トン(同10.2%減)で、前年より25万トン減少しています。

・公共岸壁での取扱貨物量は、188万トン(同11.3%減)で、前年より24万トン減少しています。

・主な取扱貨物は砂利・砂74万トン(同19.2%減)、廃土砂32万トン(同24.5%減)です。

 

関連ホームページ

大阪府営港湾の港勢

添付資料

平成29年大阪府営港湾全体の港勢 (Wordファイル、70KB)

 

平成29年大阪府営港湾全体の港勢 (Pdfファイル、156KB)

資料提供ID

31601

ここまで本文です。