報道発表資料検索


「平成30年度 精神・発達障がい者を中心とした職場体験受入れマッチング支援事業」の最優秀提案者が決定しました!

代表連絡先 商工労働部  雇用推進室就業促進課  障がい者雇用促進グループ
ダイヤルイン番号:06-6360-9077
メールアドレス:shugyosokushin-g04@gbox.pref.osaka.lg.jp

提供日

2018年4月20日

提供時間

14時0分

内容

 大阪府では、発達障がい者を含む精神障がい者にとって働きやすい職場環境づくりを目的に、「平成30年度精神・発達障がい者を中心とした職場体験受入れマッチング支援事業」を実施します。

 このたび、受託事業者を企画提案公募により募集し、以下のとおり最優秀提案者を選定しましたので、お知らせします。
 

1.事業名
   平成30年度 精神・発達障がい者を中心とした職場体験受入れマッチング支援事業

2.最優秀提案者
  株式会社アソウ・ヒューマニーセンター

  総合評価点80点(企画提案部分68点、価格提案等部分12点、提案金額(税込)6,641,000円)

3.選定結果の概要
 (1)提案事業者 全2者
  ・株式会社アソウ・ヒューマニーセンター
  ・特定非営利活動法人 大阪障害者雇用支援ネットワーク


 (2)最優秀提案事業者の選定理由
  事業の企画内容、実施体制、実績等から、本事業の効果的な実施が期待できる。提案価格も妥当と判断されることから、これらを総合的に勘案した結果、最優秀提案者としたもの。 

 (3)選定委員会委員
   

白川 治氏
(近畿大学医学部 精神神経科学教室 教授)

学識経験者であり精神科専門医の立場から、精神障がい者についての理解促進や、病状等を考慮した雇用の拡大に資するものか審査。

()()()

岡野 真理氏
(独立行政法人 高齢・障がい・求職者雇用支援機構大阪支部 大阪障害者職業センター 次長)

障がい者の職業的自立のために、障がい者、事業主等に対して総合的な支援を行っており、精神障がい者の雇用促進、職場復帰、雇用継続のための企業支援等に精通していることから、提案内容が障がい特性等の理解に結びつくか、実効性や効果を審査。

谷村 真理氏
(一般社団法人 大阪府中小企業診断協会 中小企業診断士)

経営分野の専門家として、中立・公平な立場から、また企業経営に全般的な見識を有しており、企業の人材確保・採用ニーズについても精通することから、中小企業における人材確保の観点及び提案内容の実現性、事業効果について審査。

関連ホームページ

「平成30年度 精神・発達障がい者を中心とした職場体験受入れマッチング支援事業」

資料提供ID

30698

ここまで本文です。